クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

細田守『竜とそばかすの姫』主人公の同級生役に成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りら

アニメ

  • twitter
  • facebook
映画『竜とそばかすの姫』新キャスト&キャラクタービジュアル(上段左から)成田凌、染谷将太、(下段左から)玉城ティナ、幾田りら
映画『竜とそばかすの姫』新キャスト&キャラクタービジュアル(上段左から)成田凌、染谷将太、(下段左から)玉城ティナ、幾田りら(C)2021 スタジオ地図

関連 :

成田凌

染谷将太

玉城ティナ

細田守

 アニメ監督・細田守の最新作『竜とそばかすの姫』より、主人公の同級生の声優キャストとして、成田凌、染谷将太、玉城ティナ、シンガーソングライターの幾田りらが出演することが発表された。

【写真】『竜とそばかすの姫』成田凌ら新キャストのアフレコ風景

 アニメ監督・細田守の映画最新作『竜とそばかすの姫』より、主人公の同級生の声優キャストとして、成田凌、染谷将太、玉城ティナ、シンガーソングライターの幾田りらが出演することが発表された。

 本作は、インターネットの世界を舞台に、17歳の女子高生・すずを主人公に据え、世界の片隅で自分を失ってしまった少女が開く新しい扉、未知との遭遇、そして成長していく姿を、細田監督ならではのリアル×ファンタジーで描き出す。

 今回解禁されたのは、主人公すずと同じく高知で暮らす同級生の声優キャスト4名。成田が演じるのは、主人公すずの幼なじみであり、幼い頃すずにプロポーズしたこともある“しのぶくん”久武忍役。新海誠監督作『君の名は。』『天気の子』では両作品で同じ役を演じた成田が、女子から絶大な人気を誇るミステリアスなしのぶくんを持ち前の低音ボイスで演じる。

 成田はアフレコを振り返り「監督はすごく優しくて、『成田くんならどう思う?』と優しいアプローチの仕方をしていただいたので、言って下さることも分かりやすかったです」とコメント。本作の見どころについては「何と言ってもベルの歌だと思います」と語っている。

 染谷は、カヌー部を1人で立ちあげインターハイを目指す天真爛漫な男子生徒・“カミシン”千頭慎次郎役。細田作品の出演は『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』に続き3度目となる染谷は、役柄について「監督が、カミシンは、その場の空気というか、温度がガっと上がるような存在だけど、元気なだけじゃなく、ある種どこか天然で、読み切れない部分があり、そこを表現してほしいとおっしゃっていて、ただ元気なだけではなく、繊細な部分は繊細に、いいグラデーションが出せるよう、魅力的なキャラクターを台無しにしないように演じました」とコメント。

 玉城は、吹奏楽部でアルトサックスを吹く太陽のようなハイスペックガール・“ルカちゃん”渡辺瑠果役。オーディションで選ばれ、本作でアニメ声優初挑戦を果たした玉城は、人気者ながらただ明るいだけではないルカちゃんを見事に表現し、細田監督をうならせたという。玉城は今回の役柄について「ただかわいいだけの女の子ではないので、自分としてもしっくりきましたし、そんな子を演じられて、とても嬉しかったです」と語っている。

 そして幾田は、主人公・すずの良き理解者であり親友の“ヒロちゃん”別役弘香役をオーディションで獲得。ネットを使いこなす毒舌メガネ女子のヒロちゃんは、すずを<U>の世界へと誘い、ベルとしてプロデュースするキーパーソンだ。本作が声優初挑戦ながら、細田監督からは「初めてやるとは思えない!」と絶賛を浴びた。幾田は「初めての声のお芝居でプレッシャーもありましたが、実際にアフレコが進んでいく中で、皆さんともコミュニケーションを取らせていただき、ヒロちゃんを通して私自身も成長させてもらえたのではないかと思います」と振り返っている。

 アニメ映画『竜とそばかすの姫』は、7月全国公開。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv