クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

豪華すぎるオフショットも ジェシカ・チャステイン&ペネロペ・クルスら『355』メイキング写真&海外版予告公開

映画

  • twitter
  • facebook
映画『355』メイキングカット(左から)ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、エドガー・ラミレス
映画『355』メイキングカット(左から)ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、エドガー・ラミレス(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

関連 :

ジェシカ・チャステイン

ペネロペ・クルス

ルピタ・ニョンゴ

ダイアン・クルーガー

ファン・ビンビン

サイモン・キンバーグ

 ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビンら実力派女優が出演する映画『355』より、華麗なアクション満載の海外版予告とメイキング写真が初解禁された。

【動画】リアーナの歌声が緊迫感を漂わせる『355』海外版予告

 本作は、世界中のすご腕女性エージェントが集結し、過酷なミッションに挑むスパイ・アクション作品。「355」は、18世紀米国の独立戦争時代に実在した女性スパイのコードネームから取られている。監督は『X‐MEN:ダーク・フェニックス』で初監督したサイモン・キンバーグ。

 格闘術のスキルが高いCIAのメイス(ジェシカ)、過去にトラウマを抱えるBND(ドイツ連邦情報局)のマリー(ダイアン)、最先端のコンピューター・スペシャリストでMI6のハディージャ(ルピタ)、コロンビアの秘密情報組織に所属する優秀な心理学者グラシー(ペネロペ)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。世界中のインフラや金融システムを攻撃できるテクノロジーの闇マーケット流出危機に対処するため、各国から5人の女性エージェントが集結、ライバル同士からチームとなり、コードネーム「355」を結成。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていく。果たして第3次世界大戦を阻止することはできるのか―。

 今回解禁されたのは、女性エージェントたちが悲壮感を漂わせながらも敵に立ち向かう姿を収めた海外版予告。まずジェシカ演じるメイスが、18世紀アメリカの独立戦争時代に活躍した伝説の女スパイ、通称“355”について語るところから始まり、続いて、そのレガシーを受け継いだ各国の女性エージェントたちが集結。チームプレイで華麗にミッションを遂行していく様が次々と映し出されていく。

 高層ビルをよじ登るメイスや床を爆破して落下しながら銃撃するマリー(ダイアン)、棒アクションで華麗に敵をなぎ倒すリン(ファン・ビンビン)など、見事なアクションが披露される一方で、彼女たちは重大な危機にも直面。「これ以上続けられない」と本音を吐露しても、「自宅まで追ってくるわよ」という仲間の言葉のとおり愛する家族を盾に取られたり、屈強な武装集団に囲まれ襲撃を受けたりと、困難が降りかかってくる。

 果たして彼女たちは、無事に世界の危機を救うことができるのか。ジェイ・Z (feat.リアーナ&カニエ・ウェスト)による楽曲「Run This Town」が、映像により一層緊迫感を与え、過酷なミッションに立ち向かう女性たちの姿に胸が熱くなる予告編となっている。

 メイキング写真は、ワイヤーに吊るされたジェシカや、バイクにまたがるダイアンなど、迫力のアクションシーンのメイキングカットのほか、キンバーグ監督が演出する様子も。さらに、ジェシカとセバスチャン・スタンの絵になる2ショットや、ジェシカ、ダイアン、ルピタ、ペネロペが肩を寄せ合う豪華オフショットも含まれ、緊迫したシーンの裏側にあった仲むつまじい撮影現場を垣間見ることができる写真となっている。

 映画『355』は、2月4日より全国公開。

映画『355』海外版予告

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv