クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『カムカムエヴリバディ』「サッチモちゃんを僕にください」錠一郎が結婚あいさつ 竹村夫妻の答えに感動「最大の愛情」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第55回より
連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第55回より(C)NHK

関連 :

オダギリジョー

村田雄浩

濱田マリ

 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)の第12週「1963-1964」(第55回)が19日に放送。錠一郎(オダギリジョー)がるい(深津絵里)との結婚の許しを得ようと竹村夫妻にあいさつする姿が描かれると、ネット上には「涙止まらん」「最大の愛情」といった反響が巻き起こった。

【写真】明日の『カムカムエヴリバディ』上京した錠一郎(オダギリジョー)が奈々(佐々木希)に手を出したという噂が…

 コンテストは錠一郎の優勝という結果で幕を閉じる。優勝を見届けたるいが一人で竹村クリーニング店へ戻ろうとすると、その道すがら錠一郎が追いかけてくる。錠一郎はるいを呼び止めて抱きしめると「結婚しよう」とプロポーズをする。

 コンテストに優勝し上京が決まった錠一郎と結婚することは、大阪を離れるということ。るいは、大阪に出てきて就職に失敗した自分を拾ってくれた上に、クリーニングのことを一から教えてくれた平助(村田雄浩)と和子(濱田マリ)に対して、数日経っても錠一郎からのプロポーズについて相談できずにいたのだった。

 ある日、錠一郎が竹村クリーニング店にやってくる。錠一郎は改まった様子で正座しながら「おじさん、おばさん」と呼びかけると「サッチモちゃんを僕にください」と言う。続けて錠一郎はるいに結婚を申し込んだことを明かすと「おじさんとおばさんのお許しがもらえたら、2人で東京で暮らすつもりです」と竹村夫妻に説明。

 そんな中、るいは相談もなしに話を進める錠一郎に怒りをあらわにしつつ、簡単に店を辞めることはできないとたしなめる。すると和子は「そないいつまでもおられても困るわ…」とポツリ。隣にいた平助は穏やかな口調で「るいちゃん、うちに後継がおらんから心配してくれてんのか?」と優しく問いかける。そして平助は錠一郎の正面に正座すると「娘を…よろしゅう頼みます」と応え、るいと錠一郎の結婚を承諾するのだった。

 2人の結婚を認め送り出そうとする竹村夫妻の姿に、ネット上には「竹村夫妻の優しさ1000000000000000000%!!」「最高ですね…」「これは最大の愛情…」「竹村夫婦尊いなぁ」などのコメントが殺到。さらに「竹村夫妻がいい人過ぎて涙止まらん」「もうボロ泣き」「涙腺崩壊だー」「泣いて泣いて顔壊れた」といった声も相次いでいた。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv