クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

「華がない」「地味」ダイアンに本格ブレイクの兆し! 中毒性のあるその笑いの正体とは

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ダイアン(左からユースケ、津田篤宏)
ダイアン(左からユースケ、津田篤宏) クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ

 4月で東京進出4年目を迎えたお笑いコンビ・ダイアンの笑いが、ジワジワと浸透しつつある。今年元日に関東初の冠ラジオ番組『ダイアンのTOKYO STYLE』(TBSラジオ/毎週土曜20時30分)をスタートさせると、先月には冠番組『ダイアンのガチで!ごめんやす』(群馬テレビ/毎週金曜19時30分)、民放キー局初冠番組『ダイアンの絶対取材しない店』(テレビ東京系/毎週木曜25時)が相次いで始まっている。「華がない」「地味」と言われ続けた“お笑い月見草”の彼らに、今いったい何が起きているのか。

【写真】撮り下ろし! 渋すぎるダイアン<フォトギャラリー> ■ 単独のチケットは即完売 関西では不動の人気



 トボけた表情でボソッとボケるユースケと、早口の鋭いツッコミの津田篤宏からなるダイアン。滋賀県出身、中学の同級生の2人がよしもとの養成所NSCの門を叩いたのは1999年だった。同期は在学中からブレイクを果たした超早熟のキングコングをはじめ、のちの『M-1グランプリ』(以下『M-1』)王者NON STYLE、同じく『M-1』王者のとろサーモン・久保田かずのぶ、さらには南海キャンディーズの山里亮太、東京よしもとにはピース、平成ノブシコブシと、「黄金世代」と呼べるほど層が厚い。しかし、その中でもダイアンについては、山里は2人を自身のラジオにゲストで呼んだ際「入学したときからのスーパーエース」だったと評してその実力を認める。

 よしもとの若手芸人の登竜門となる劇場「baseよしもと」で同世代のライバルたちとしのぎを削り、漫才の腕を磨いていったダイアン。『M-1』決勝の舞台には2007年と2008年の2度駒を進めたが、出番のクジ引きで高得点が出にくいトップバッターを引いてしまうなど、運に恵まれなかったこともあり、めざましい結果は残せなかった。
 
 2010年代になると、関西のテレビ番組への出演が増加。今も続くロケ番組『本日はダイアンなり!』(ABCテレビ/毎週土曜11時30分)がスタートしたほか、『今ちゃんの「実は…」』(同系/毎週水曜23時17分)などのロケで確実に結果を残していく。この頃になると、単独ライブはチケット発売と同時に即完売。2018年には上方演芸界で最も長い歴史を持つ賞レース『第53回上方漫才大賞』で大賞を受賞し、漫才師として不動の人気と地位を獲得した。

■ 東京の番組での姿は「ダイアンの完全体」じゃない?


 そんなダイアンが芸歴18年目の2018年、42歳という「独特過ぎるタイミング」(山里)で満を持して東京進出を果たす。

 東京の番組でも、いわゆる「ひな壇芸人」として共演する芸人が“イジらずにはいられない”ような津田の天性の愛きょうと、コンビの頭脳であるユースケのエピソードトークで一定以上の活躍はしているように思える。

 しかし、東京進出後の3年間について、「ダイアンの面白さはこんなもんじゃない」「もっとやれるのに」と忸怩(じくじ)たる思いだったファンも少なくないのではないだろうか。現に、ダイアンのファンを公言し、2人を「お笑いの完全体」「お笑いの全て」と言ってはばからないアイドルグループ・NMB48の渋谷凪咲も、「あんな関西では面白いのに、関東では何であんなことになっているのか」(『ワイドナショー』2021年7月18日)とコメントしている。東京の番組での2人はまだ「ダイアンの完全体」ではないのか?

次ページ

■ ダイアンの魅力が凝縮された「ラジオ」という環境

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv