クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

今年で還暦! “スーパースター”トム・クルーズの軌跡 アイドルから体を張るアクション俳優へ

映画

  • twitter
  • facebook
今年還暦を迎えるトム・クルーズ
今年還暦を迎えるトム・クルーズ(C)AFLO

 1986年公開の『トップガン』で、若干24歳にしてスターの座を手にしたトム・クルーズ。それ以降主演作が途切れることもなく、35年以上に渡って第一線で活躍するスーパースターであり続けている。サービス精神も旺盛で、ファンやスタッフへの神対応、そして映画で見せる体を張ったアクションは今や彼の代名詞となった。いよいよ公開される最新作『トップガン マーヴェリック』(5月27日公開)でも、実際の戦闘機に搭乗して撮影に臨むなど、まだまだ若い俳優に負けない体を張った演技に挑んでいる。そして、7月3日には、ついに還暦に。今回は、そんな今年で60歳を迎えるスーパースター、トム・クルーズの軌跡を振り返り、今こそその凄味に迫ってみたい。

【写真】初期主演作~最新作まで! トム・クルーズの軌跡を振り返る<フォトギャラリー> ●アクション俳優ではなかった80年代


初々しいトム・クルーズ!(当時21歳) 『卒業白書』(1983) 写真提供:AFLO
 トムが初めて映画に主演したのは、1983年公開の映画『卒業白書』。セックスのことしか頭にないティーンエイジャーが騒動に巻き込まれていく姿を好演し、若々しいトムがYシャツとブリーフで踊りまくるシーンはその後のさまざまな作品でパロディされた。本作でゴールデングローブ賞主演男優賞にもノミネートされ、トムは一躍ティーンのアイドルとなる。

 その後1985年に、トムのキャリアでは非常に珍しいファンタジー映画『レジェンド/光と闇の伝説』(リドリー・スコット監督)に主演。今なら巨匠監督とスターの超話題作となる組み合わせだが、トムの世界的ブレイク直前にひっそりと実現していたタッグだった。トムが演じるのは、囚われの姫を救いに行くピュアな野生児という役どころ。しかし、剣と魔法の世界観とトムの爽やかスマイルの食い合わせが悪く、“ファンタジーとトム・クルーズは水と油”であることを早期に証明した作品ともなった。これ以降、トムはファンタジー映画には出演していない。そして翌1986年、そのリドリー・スコット監督の弟であるトニー・スコット監督と組んだのが、『トップガン』である。

●『トップガン』で世界的スーパースターに

トム・クルーズの大出世作『トップガン』(1986) 写真提供:AFLO
 1986年公開の『トップガン』は、海軍のエリートパイロット養成機関、通称“トップガン”を舞台に、トム演じる天才的な操縦技術を持つ主人公マーヴェリックの挫折と栄光を描いた傑作だ。トムのフィルモグラフィーで外すことができない、まさに代表作と言える。アメリカ海軍の全面協力のもと撮影された本作だが、協力してもらう代わりに脚本の修正も余儀なくされ、さらに撮影に使用する戦闘機などの燃料も負担しなければならなかった。『トップガン』の製作費は約1900万ドル。これは当時のハリウッドでも決して超大作の予算額ではなく、それほど期待されていない作品だったのだ。

 しかしフタを開けてみれば、その年の全米ナンバーワンヒット作となり、映画を象徴するテーマ曲の「デンジャー・ゾーン」も大ヒット、サントラも爆発的な売り上げを記録した。さらに劇中の“トム・クルーズスタイル”は当時の世界中のヤングに刺さりまくり、レイバンのサングラス、今では定番ファッションアイテムとなった“MA‐1”や革ジャンも大流行。劇中でトムが滑走路を疾走するカワサキのバイク(トムは本作までバイクに乗ったことがなかった)までも売れに売れ、アメリカでは映画公開後に海軍の入隊希望者が大幅に増加するなど、世界中で大旋風を巻き起こした。

次ページ

●大スターとなったトムの快進撃

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv