クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『silent』が「倍速視聴」「ながら見」できないワケ

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『silent』第9話より
ドラマ『silent』第9話より(C)フジテレビ

 高校生のときに出会い、互いにとってのかけがえのない人になりながら、一度は別れてしまった主人公・青羽紬(川口春奈)と佐倉想(目黒蓮)が、ふたたび出会い、現実を乗り越えようとするドラマ『silent』(フジテレビ系/毎週木曜22時)。完全オリジナル脚本による本作は、倍速視聴、ながら見のできないドラマである。

【写真】「倍速視聴」「ながら見」できないドラマ『silent』第9話を写真で振り返り

 そもそもテレビドラマは、朝の忙しい時間に元気をプラスする、朝ドラ(連続テレビ小説)のように、“ながら見”も、いわば正しい鑑賞法だった。インターネットが普及して以降は、個人も社会も情報過多となり、何をするでもないのに日々があわただしいものに。比例してドラマ鑑賞の仕方も、倍速視聴する人が増えていく。リアルタイムから録画鑑賞、さらに配信へ。わけもなく時間に追われる毎日のなか、空いた好きな時間にドラマも情報として詰め込む。倍速で。例えばTVerでは再生速度を1〜1.75倍まで選べるようになっており、倍速視聴はもはや普通のことだ。ここ数年の考察ブームにも、複数回の鑑賞をしつつも、「見た」と感じた場所は飛ばして進めてしまう人もいる。しかし『silent』で、それはできない。

■「倍速視聴」や「ながら見」では逃してしまうセリフの数々

 前提として、手話や文字を使ってのコミュニケーションになることで、どうしても集中して画面を見ざるを得ない。さらに、そうした場面でモノローグを使うといった説明的な手法を取ることもない。加えて一言一句、逃したくないと思わせるセリフが多い。想が紬に別れを告げた言葉が、「好きな人が“できた”」ではなく、「好きな人が“いる”」だったという違い(第2話ラスト)も、さらっと流してしまっては、その重みに気づけない。

 だんだんと聴力が失われていく不安を、ただ誰かに聞いてほしかった想が、奈々(夏帆)と出会って、やっと気持ちを吐露できたシーンでの奈々の「音がなくなることは悲しいことかもしれないけど、音のない世界は悲しい世界じゃない」や、「プレゼントを使い回された気持ち」(ともに第6話)、「ありがとうって使い回してもいいの?」(第8話)など、奈々も名セリフが多い。そんな奈々に対してたびたび登場する、高校時代から「言葉」に関する作文を書くなど、「言葉」に敏感なはずの想からの、「奈々と手話だけで話せるのを目標にして手話を覚えた」「奈々にだけ伝わればいいから」(第6話)、「落ち着く」(SNSで公開された第3話未公開シーン)などの罪作りな言葉も飛ばせない引っかかりポイントになっている。

次ページ

■後に生きてくるリフレインの効果

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv