クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

乃木坂46・齋藤飛鳥、アンダーメンバーから“グループの顔”まで 変わり続けた11年間

エンタメ

  • twitter
  • facebook
12月31日をもって乃木坂46の活動を終了する齋藤飛鳥
12月31日をもって乃木坂46の活動を終了する齋藤飛鳥 クランクイン!

関連 :

齋藤飛鳥

乃木坂46

 2022年内でグループの活動を終了、31thシングル「ここにはないもの」の活動をもっての卒業を発表した乃木坂46の1期生・齋藤飛鳥。エースとして活躍する彼女は、アンダーメンバーから“グループの顔”へと上り詰めた苦労人として知られる。その勇姿を見られる時間も残りわずかとなった今、グループの歴代シングルをたよりに、“アイドル・齋藤飛鳥”の足跡をたどる。

【写真】齋藤飛鳥のこれまでを振り返る、厳選ショットの数々 ■アンダーメンバー時代につかみとった成長のチャンス

 今や、エースとして活躍し、グループの“顔”として幅広く認知される齋藤。しかし、卒業や加入を繰り返しながら、多数のメンバーが歴史を築いてきた乃木坂46において、最も変化の大きかったメンバーと言っても過言ではない。

 2011年8月、13歳で最年少の結成メンバーとして加入した齋藤は、今でこそセンターやシングル表題曲のフォーメーションで中心を担う「福神」メンバーの常連として知られる。しかし、加入前期は音楽番組への出演など、露出の機会を多く与えられる選抜メンバーではなく、アンダーメンバーとしての活動を中心にパフォーマンスを支えていた。

 過去のリリース楽曲を振り返ると、10thシングル「何度目の青空か?」(2014年10月)までに、表題曲で選抜メンバー入りしたのはわずか3回。デビューシングル「ぐるぐるカーテン」(2012年2月)、4thシングル「制服のマネキン」(2012年12月)、7thシングル「バレッタ」(2013年11月)の3作品で、与えられたポジションは、いずれもフォーメーションの最後列にあたる3列目だった。


 加入から3年以上にわたり、選抜メンバーとアンダーメンバーを行き来していた彼女だったが、6thシングル「ガールズルール」(2013年7月)のType-B盤に収録のアンダー楽曲「扇風機」でセンターをつかみ取った。

 続く7thシングルで選抜メンバー入りを果たした当時、齋藤は自身のブログで「扇風機」での活動時に「いろんなチャンスをいただいて、少しでも早く成長する為にと活動してきました。色んな変化があった。乃木坂46も、私個人も」と振り返っている。彼女にとってこのセンター経験が、現在の礎にあったのは間違いない。

次ページ

■自身初の表題曲センターを経てグループの“顔”に

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv