クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

LGBTQの多様なあり方を映画から学ぶ! キアヌ・リーヴス出世作など12選

映画

キアヌ・リーヴス出世作からオスカー3冠映画まで! LGBTQ映画12選
キアヌ・リーヴス出世作からオスカー3冠映画まで! LGBTQ映画12選 写真提供:AFLO

 本日5月17日は「LGBT嫌悪に反対する国際デー」。毎年各国でイベントやメッセージが発信され、日本では2014年から「多様な性にYESの日」として記念日にも認定されている。LGBT、近年では「クィア」(性的マイノリティー全体を包括する言葉)、もしくは「クエスチョニング」(性自認、性的指向が定まっていない人の意)を表わすQを加えて「LGBTQ」とも呼ばれるが、以前よりさまざまな映画が公開され、観客に多様な性のあり方を問いかけてきた。今回はそんな中から、選りすぐりの作品を紹介していこう。

【写真】キアヌ・リーヴス出世作からオスカー3冠映画まで! LGBT映画12選

(1)『チョコレートドーナツ』(2012)
 まずは1本目は、1970年代のアメリカでの実話を基に、育児放棄されたダウン症の少年と家族のように暮らすゲイカップルの日々を描いた『チョコレートドーナツ』だ。世界各国の映画祭で10以上の観客賞を受賞した感動作だけあって、主人公ルディ役のアラン・カミングの名演と歌声に大泣きし、LGBTQへの無知、無理解にも気付かせてくれる。LGBTの入口としてふさわしい1本といえよう。号泣用ティッシュをお忘れなく。

(2)『マイ・プライベート・アイダホ』(1991)


写真提供:AFLO

 キアヌ・リーヴスの名を一躍知らしめたガス・ヴァン・サント監督初期の代表作『マイ・プライベート・アイダホ』は、同性愛、近親相姦、ドラッグ、売春など、さまざまな社会問題が登場する。路上に立ち、男性に体を売って暮らしている青年マイクは、自分を捨てた母親を捜すため、男娼のスコットと共に故郷のアイダホへと向かうが…。重たい内容の中、若々しいキアヌと、若くしてこの世を去るリヴァー・フェニックスの美しさが印象的な作品だ。

(3)『ブロークバック・マウンテン』(2005)


写真提供:AFLO

 2005年のヴェネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞したほか、アカデミー賞で監督賞に輝いたアン・リー監督による『ブロークバック・マウンテン』。本作は、ワイオミング州のブロークバック・マウンテンで20年以上にもわたって男同士の愛を貫いた2人の関係を描く人間ドラマで、主演のヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールが、20歳から40歳までの年齢を繊細に表現する。この2人の演技だけでも見る価値あり。

(4)『ムーンライト』(2016)
 第89回アカデミー賞で作品賞を含む3部門を受賞したヒューマンドラマ『ムーンライト』。マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンの成長を、3人の俳優が3つの年代で演じ分けていく。黒人の貧困社会の中での性的マイノリティと、差別と生きにくさが詰まっているが、社会派ほど重たくならず、あくまで視点は愛の物語。繊細で詩的、余韻もたっぷりだ。製作総指揮にブラッド・ピットが名を連ねている。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access