クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

松本潤、小栗旬、松山ケンイチも! 『ごくせん』豪華すぎる“卒業生”たち

エンタメ

(左から)小栗旬、松山ケンイチ
(左から)小栗旬、松山ケンイチ クランクイン!

 2002年に仲間由紀恵が主演したドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)第1シリーズが特別編として放送されることが発表され、ファンを喜ばせている。作品自体の面白さはもちろんだが、生徒役がいまのドラマ、映画界を支えるような豪華メンバーであることも根強い人気の理由だろう。いよいよ今夜に迫った第1話放送を前に、改めて本作が輩出した俳優たちを振り返りたい。

【写真】『ごくせん』豪華すぎる“卒業生”フォトギャラリー

 本作は、森本梢子の人気コミックを実写ドラマ化。任侠集団のお嬢として育った高校教師の山口久美子(通称・ヤンクミ)が、学校の問題児たちと本音でぶつかり合う姿を描いた学園ドラマだ。

■ 『花男』でもタッグ! 松本潤&小栗旬

 今回放送される第1シリーズの舞台は「白金学院高校」。ヤンクミが担任となった3年D組には、一癖も二癖もある不良たちが顔を連ねている。その中でもリーダー格の沢田慎を演じたのがアイドルグループ嵐の松本潤。慎は代議士の父親との確執から不良の道に進んでしまったが、もともとは頭脳明晰(めいせき)でスポーツ万能。しかもイケメンでクールでありつつも仲間思いという、ある意味でもっともヒーロー然とした存在だ。その後『花より男子』(TBS系)シリーズでもF4のリーダー・道明寺司を演じるなど、圧倒的なオーラを持つカリスマ性を印象づけた。

 慎と同様、3年D組の中心的存在だった内山春彦(通称・うっちー)を演じたのが小栗旬。ケンカっ早く金髪のヘアスタイルは、クラス内でもとても目立つ存在だが、母親を大切にし、義理人情に厚い部分も持つハートフルな男。小栗の高校生役と言えば『ごくせん』の4年前に放送された『GTO』(フジテレビ系)が思い出される。同作で小栗が演じた吉川のぼるは、クラスのいじめられっ子で繊細な少年。『ごくせん』とセットでそのギャップも楽しめる。ちなみに松本とは『花より男子』シリーズでもタッグを組んでいる。

 そのほか、軟派で合コン大好きな南陽一役の石垣佑磨や、おしゃれでハイセンスの野田猛役の成宮寛貴、巨漢が自慢の人情派・熊井輝夫役の脇知弘らが3年D組のメインキャラクターとなっていたが、それ以外の生徒にも、のちのち大きな活躍を見せるメンバーがいた。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access