クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

女優、バラエティー、YouTube…多分野で活躍の高橋ひかるに聞いた「自分の“肩書き”を選ぶなら何?」

映画

  • twitter
  • facebook
高橋ひかる
高橋ひかる クランクイン! 写真:松林満美

 女優を本業としながらも、演技の世界のみならず、バラエティー番組やラジオ、モデル、YouTubeと、多分野に活躍の場を広げている高橋ひかる。多忙な日々が想像されるが、自身の“仕事観”を語る表情は明るい。自分を取り巻く環境に高橋は何を思うのか。出演映画『おそ松さん』の話とともに、多才な彼女へ「自分の“肩書き”を選ぶなら何?」と問いかけてみた(高橋の高は正式には「はしごだか」)。

【写真】背中の開いた美しいドレス姿の高橋ひかる ■“移動中の音楽”で仕事のスイッチを切り替える



――多分野で活躍中の高橋さんですが、パーソナリティーを務めたラジオ番組『高橋ひかるのオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送/2月19日放送)では、自ら「いろんな戦場を作っております!」と熱く語っていました。なぜ、その思いを持っているのでしょうか?

高橋:私、元々はアイドルになりたかったんです。芸能界へ入ったきっかけは、学生時代に通っていたダンススクールの先生に「芸能事務所へ入るオーディションを受けてみたら?」と勧められたからで。当時はアイドルやモデルに憧れていて、女優に憧れたのはもっと後でした。そんな思いで芸能界へ入ってから、バラエティー番組をきっかけにお仕事の幅も広がり始めて。皆さんが私のことを知ってくださったきっかけを温めていきたいと、より考えるようになりました。

――仕事間での意識の切り替えも大変そうです。自分なりに工夫していることはありますか?

高橋:お芝居の仕事では、現場への移動中に聴く音楽で切り替えるようにしています。例えば、映画『おそ松さん』の撮影当時は、共演したSnow Manさんの曲やアニメ版『おそ松さん』のオープニング曲を聴いて現場へ向かっていましたね。移動中に気持ちを切り替えて、現場でのメイクなどでさらにスイッチを切り替える感じです。

反対に、お芝居の仕事からバラエティー番組へ向かうときの工夫はありません。役から解放されて自分に戻れるので、素直な思いを口に出せるし楽しませてもらっています。


――お仕事が途切れない印象の高橋さんですが、活躍するにはスタッフさんたちから愛されるのも必要かと思います。日々、スタッフさんたちとのコミュニケーションで、心掛けていることはありますか?

高橋:あまり意識していることはないです。でも、スタッフさんからは「明るいね」とはよく言われます。体力的に朝から元気が出ない日もあるけど、そんな日の仕事終わりに「今日はすみません…」と恐縮しながら帰ろうとすると「いつも明るくて元気もらっていたんだけど」と驚かれるときもあります。

――元気さはイメージ通りですね。ちなみに、『オールナイトニッポン0(ZERO)』では「自称・人見知りの陰キャ」とも語っていました。今のお話からするとコミュニケーションに苦手意識があるように思えませんが、実際はどうなんでしょう?

高橋:自分がそうだとバレたくないから、明るく振る舞っている部分もありますね。本当は、うまくしゃべれているのかと不安もあります。心を許してくれた方とは会話できるけど、自分から距離を近づけるのは苦手なんですよ。でも、芸能界でのお仕事を通して、人との関係性を築きたい気持ちが強くなりましたし、変われたのかなと思います。

次ページ

■MC業にも意欲 自分の“肩書き”を選ぶなら何?

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv