クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

櫻坂46・武元唯衣&増本綺良が明かす 卒業の渡邉理佐&原田葵との“特別な思い出”

エンタメ

  • twitter
  • facebook
(左から)櫻坂46・武元唯衣、増本綺良
(左から)櫻坂46・武元唯衣、増本綺良 クランクイン! 写真:上野留加

関連 :

櫻坂46

武元唯衣

増本綺良

 櫻坂46の二期生、武元唯衣と増本綺良。4月6日にリリースされる4thシングル「五月雨よ」での活動をもって一期生の原田葵と渡邉理佐が卒業するグループに、彼女たちはどんな思いを抱いているのだろう。同シングルには、卒業を象徴する渡邉のセンター曲「僕のジレンマ」も収録されるが、先輩たちの背中を見守ったMVの撮影秘話、原田や渡邉との“特別な思い出”とは――。武元と増本に聞いた。

【写真】渡邉理佐&原田葵との思い出を語った武元唯衣&増本綺良(6枚) 4thシングル表題曲「五月雨よ」はファンと気持ちを「共有できるものに」

――今回は最新の4thシングル「五月雨よ」にまつわるお話と、本作の活動をもって卒業される原田さんや渡邉さんへの思いを中心にお話を伺えればと思います。…と、その前に。実は気になっていたことがありまして。昨年末、武元さんは黒髪から明るい髪色にイメージチェンジしましたよね。ファンの間でも驚きの声が上がっていましたが、なぜ変えられたのでしょう?

武元:まあ、理由はいろいろあって…。

増本:美容師さんへの注文を間違えちゃった?

武元:いや(笑)。スタッフさんとも会議を重ねて、この髪色にしようとなったんです。一番はパフォーマンス面にあるかな、というぐらいです。

――本人ならではのこだわりもあったようですね。増本さんも髪の毛がボブ風になり、イメージチェンジされて。

増本:そうなんです。あと、話は変わりますけど、武元さんの髪色イメチェンで思い出して(笑)。私、髪の毛で一度やらかしたことがありまして。髪色を暗くしたいけど「真っ黒にはしたくない」と美容師さんへお願いしたときに「オリーブはどう?」と勧められたことがあったんです。オリーブオイルしか思い浮かばなかったので、髪の毛に塗るものかと思って「お願いします」と頼んで。でも、オリーブって緑系のカラーだから、髪の毛がめっちゃ緑になっちゃって…。翌日、急いで染め直しに行きました。(武元を見ながら)そんなこともある?

武元:…あるかも(苦笑)。

櫻坂46・武元唯衣
――意外なエピソードが(笑)。さて、余談もそこそこに本題へ。最新の4thシングル表題曲「五月雨よ」は、過去3作の表題曲からガラッと雰囲気が変わり、柔らかいイメージの曲です。お2人は歌詞や曲に対して、どんな印象を受けましたか?

武元:歌詞もメロディーも、ここまで温かい曲はあるのかと思いました。これまで私たちは「楽曲の持つメッセージを伝えていく」のを大切に考えてきましたけど、今回は、ファンの方々と気持ちや雰囲気を共有できるものになったと思います。一緒に踊ってもらえる振り付けもありますし、そこに込めた意味もいずれはファンの方にお伝えして、同じ感情で楽しめる日が来たらうれしいです。

増本:第一印象では「切ない、寂しい系かな」と思いましたけど、じっくり聴いてみたらとてもかわいい曲なんです。「小雨になった 止むかな」の歌詞を見た瞬間、「キューン」となっちゃって。同期で最年少の(山崎※)天さんがセンターを務めていますし、私の中では「中学生ぐらいの女の子が傘を持って梅雨空の中にいる」ようなイメージが浮かぶ曲です(※山崎の崎は正式には「たつさき」)。

次ページ

卒業する渡邉理佐がセンター「僕のジレンマ」感動シーンの裏側

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv