高橋由美子、共演者とは毎年“ショムニ会”開催 グラビア挑戦と芸能生活を振り返る

エンタメ

高橋由美子、大ヒットドラマを振り返る
高橋由美子、大ヒットドラマを振り返る クランクイン!

 14年ぶりにグラビアに挑戦したことで話題の女優・高橋由美子。連続テレビドラマ『南くんの恋人』『ショムニ』などで女優としての地位を確立し、現在は大河ドラマ『花燃ゆ』に出演中。出身地のさいたま市観光宣伝部長に選ばれるなど、活動はまさに順調だ。そんな高橋が41歳でのグラビア挑戦の感想を語ると共に、1998年版『ショムニ』メンバーとの深い絆を明かしてくれた。

【関連】「高橋由美子」インタビュー&グラビアショット<フォトギャラリー>

 グラビア挑戦に高橋は「ヤバいのを引き受けてしまったと思って、最初は困り顔でした。14年もやっていなかった事に挑戦するのは怖かった」と心境を明かすが、蓋を開けてみたら好リアクションの数々。「周りからは"この人を紹介して"と言われて、“私ですけど!?”って感じで。グラビアアイドルという方々が存在する中で、女優としての私の挑戦を受け入れてくれたのはありがたい。皆さん、何かに飢えているのかしら?」と嬉し恥ずかしといった表情を浮かべる。

 “20世紀最後の正統派アイドル”と評された一方で、1994年の主演ドラマ『南くんの恋人』で女優としてブレイク。合成・CG技術の黎明期だけに撮影は困難の連続だった。「朝から深夜までブルーバックの前で1人で芝居をしていたので、気持ちがげんなりする事もあった」と振り返るが「スタッフの方たちがスタジオの中でご飯を一緒に食べてくれたり、小道具を増やしてくれたり、そういった協力関係に救われました」と周囲の支えに感謝しきり。連続ドラマ後のSP版の撮影ではスタッフの努力の甲斐あって、生の南君役・武田真治と初共演。「真ちゃんと一緒に芝居が出来た時は、感動のあまり泣きそうになった」と回想する。

1ページ(全2ページ中)

関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access