クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

相武紗季、可憐なヒロインから悪女役へ「土台を作った1年」 今後はコメディにも意欲

エンタメ

『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』に出演中の相武紗季
『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』に出演中の相武紗季 クランクイン!

 可憐なヒロインを演じることが多かった20代を経て、30代から悪女役のオファーが舞い込むようになった相武紗季。キュートな顔を曇らせ、ドスのきいた声を発するかと思いきや、ネコナデ声で甘える様子は、なかなかハマっており、ふり幅の広い演技で視聴者を魅了する。そんな相武が、現在放送中の連続ドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』では、悪女でもない、いい子ちゃんでもない「クールな女医」を演じている。新たな境地に意欲を燃やす相武本人に、話を聞いた。

【関連】『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』相武紗季<フォトギャラリー>

 吉田羊が初主演を務める『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』は解析診断部の女医7人によるメディカルチーム「レディ・ダ・ヴィンチ」が、正体不明の病を解明する、1話完結型の新感覚医療ドラマ。中でも、相武は執刀医として抜群の腕前を持つ外科医の新田雪野を演じている。ぶっきらぼうながらも、天才肌という存在感を放つ役どころだ。相武いわく、「今回は頭のいいクールな役なので、ボロが出そうで(笑)、抑えるのに毎回必死です。後半になるにつれて、自分の仕事にやりがいを感じているまっすぐな人だということが明るみになります」と、役柄とは離れた、はにかんだ表情を見せる。

 物語の中で毎話お馴染みとなったのは、吉田、伊藤蘭、吉岡里帆、白鳥久美子(たんぽぽ)、滝沢沙織、笛木優子、そして相武ら7人の女医が勢ぞろいする圧巻のカンファレンスシーン。そのシーンの日は、1日中しゃべり倒すカンファレンスの様子だけを撮影するという。聞き慣れない病名に長台詞、誰かがかんだらやり直しなど、かなりプレッシャーがかかりそうだが…。「初めてその日が来てから、カンファレンストラウマになりました(笑)。私だけじゃなくて、皆さんも『今日はカンファレンスの日だね…』とか言って。今だにその日は気合いを入れて臨んでいます」と、NGを出したら「役柄同様クールに『もう1回お願いします』と言ってみたり(笑)」と“カンファレンス”を乗りきっていると話した。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access