土屋太鳳「意外に成長していない」 女性としての表現を磨きたい

映画

映画『春待つ僕ら』に出演する土屋太鳳にインタビュー
映画『春待つ僕ら』に出演する土屋太鳳にインタビュー クランクイン!

 2018年もドラマや映画の主演が続いた女優の土屋太鳳。その最後を締めくくるのが映画『春待つ僕ら』だ。快進撃を続けているように感じられるが、本人は「意外に成長していないのかも」と自己採点は辛い。もっと成長するために――土屋が大切にしているものは“愛情”だという。

【写真】笑顔でインタビューに応じた、土屋太鳳フォト集

 青春もののヒロインを演じることが多い土屋は、元気で明るいイメージが強いが、女優としての土屋を強く印象付けたドラマ『鈴木先生』の小川蘇美役をはじめ、身体能力を強く知らしめた『るろうに剣心』シリーズの巻町操役、さらに『8年越しの花嫁 奇跡の実話』や『累 -かさね-』で見せた迫真の演技など、役柄や表現の幅は広い。

 本作でも、人づきあいが苦手で周囲に溶け込めず寂しい思いをしていた“ぼっち”女子の美月が、バスケに打ち込む男子たちとの出会いによって、自らの運命を変えようと努力する姿を、繊細な演技で表現している。土屋自身、10年以上芸能界に所属しているが「いまだに現場に入るときは『うまく話せるかな』とか『いま話しかけて大丈夫なのかな』みたいな気持ちになるので、美月の気持ちには共感ができた」と役柄に感情移入できたと話す。


 作品も続き、順調にキャリアを積んできたように感じられるが、本人は作品に対する感想をもらうたびに「女優を続けてよかったな」と実感はするものの「意外に成長していないな」と感じることもあるという。「来年、年女なのですが、これから自分はどのようにしていけばいいんだろうと悩むことがあります。年を重ねてきた女性としての表現や存在感をしっかり出していかなければいけない。もっと成長していきたい」。

 成長のために日頃から大切にしていることが、しっかりと“愛情”を持つことだという。「人が心を維持する上で大切なことは、愛情だと思うんです。草花に水が欠かせないように、人と人とのつながりの中で、愛情を忘れてしまったら、人間関係が成り立たないと思うんです」。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access