クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

大原優乃「コンプレックスばかりでした」 “危機感”からグラビアの女王に

映画

  • twitter
  • facebook
映画『4月の君、スピカ。』に出演する大原優乃
映画『4月の君、スピカ。』に出演する大原優乃 クランクイン!

 人気ドラマ『3年A組 −今から皆さんは、人質です−』でオペラを軽やかに歌う女子高生・辻本佑香を演じ、インパクトを残した大原優乃。以前はダンス&ボ―カルユニット・Dream5でNHK紅白歌合戦(『妖怪ウォッチ』エンディングテーマを披露)に出場し、グラビアアイドルとしても今年「カバーガール大賞」を受賞するなど、多彩な分野で才能を発揮している。そんな彼女が、最新映画『4月の君、スピカ。』では、切ない恋物語にアクセントをつける3人娘の1人・立花楓を好演。「今年はお芝居を深く追求したい」と語る大原が “コンプレックス”をバネに切り拓いてきた、これまでの道のりを振り返った。

【写真】かわいい笑顔や“ぷく顔”も 大原優乃インタビューフォト集(15枚)

 本作は、小学館「Sho-Comi」で連載された杉山美和子の同名人気少女コミックを『NANA』『黒執事』の大谷健太郎監督が実写映画化した青春ラブストーリー。長野の高校の天文部を舞台に、転校生・早乙女星(福原遥)と宇田川泰陽(佐藤大樹/FANTASTICS from EXILE TRIBE)、そして大高深月(鈴木仁)が繰り広げる三角関係を描く。


 長野県に泊まり込みで撮影が行われたという大原は、今回、原作にはないオリジナルキャラクターに挑んでいる。「私たち3人組は、主人公たちの胸が痛くなるようなラブストーリーの “箸休め”的な役割。だから、役作りというよりも、大谷監督をいかに笑わせて“OK”をもらうことができるか、そこに全てを懸けていました(笑)」。

 主演の福原とは、『3年A組』でも共演した子ども時代からの親友。「お互いに『ピチレモン』という雑誌で専属モデルをしていて、中学生の頃から一緒だったので、プライベートでもすごく仲がいいんです。お互いに自分に自信がないタイプで、物事の捉え方が似ていたり、現場での居方が同じだったり…尊敬できる部分もあるので、いつも相談に乗ってもらっていますね」とニッコリ。


 映像や雑誌から伝わるイメージは、いつも明るくポジティブな女子。ところが本人は、前言のような性格で、そのギャップに悩んだことも。「バラエティー番組や雑誌などでは笑顔でいることが多かったので、元気なイメージを持たれるようですが、素顔の自分はどちらかというとネガティブ。グラビアも、最初は水着を着て撮られることに自信がなかったし、この高い声も、Dream5にいるときは、グループの空気を壊すと思って、わざと低めの声で自己紹介することもあって…コンプレックスばかりでした」と吐露する。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv