クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

斎藤工、映画本来の“ギャンブル性”に刺激「全身全霊で向かっていく」

映画

映画『麻雀放浪記2020』主演の斎藤工
映画『麻雀放浪記2020』主演の斎藤工 クランクイン!

 俳優の斎藤工と『孤狼の血』(2018)などの白石和彌監督が初タッグを組んだ映画『麻雀放浪記2020』が4月5日よりついに公開された。本作は、イラストレーターの和田誠がメガホンを取った1984年版『麻雀放浪記』を“名作”として称える斎藤が、映画化を切望したことから企画がスタートし、構想10年の歳月をかけてようやくたどり着いた夢の結晶。「先の見えないものに全身全霊を懸けた」という斎藤が、本作への並々ならぬ思いと、とどまることを知らない日本映画への愛を語った。

【写真】斎藤工インタビューカット&『麻雀放浪記2020』場面写真

 本作は、阿佐田哲也のベストセラー小説を基に、『東京ゾンビ』『東京闇虫』シリーズの佐藤佐吉が脚色し、白石監督がiPhoneなどを駆使した新たな世界観で再映画化した衝撃作。舞台は第三次世界大戦で東京オリンピックが中止となった2020年、第二次世界大戦後の1945年から時空を超えてやってきた主人公・坊や哲(斎藤)は、少子高齢化に伴う人口減少、マイナンバーによる過剰な管理社会、AI導入による労働環境破壊など、想像を絶する未来の戦後に愕然としながらも、“自動雀卓”という新たなステージで死闘を繰り広げる。

(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
 原作、そして1984年版の映画をこよなく愛する斎藤は、映画化することに「ワクワクすると同時に恐ろしさも感じていた」と、企画立ち上げ当初の心情を振り返る。ところが、佐藤の大胆な脚本を読んで吹っ切れた。「これが本当に『麻雀放浪記』? と思うほど鋭角的で奇天烈な世界観に唖然・呆然としながらも、気がつくと、喉が渇き切るように最後までページをめくっていました。これこそ、邦画がいつの日か失った、映画が持つ自由表現の行使であり、阿佐田哲也のスケール」と絶賛。


 そして、このプロジェクトに白石監督が参加することで、「原作をリスペクトしながらも、佐藤氏×白石監督という掛け算が、リメイクではなく“リニューアル”と言ってもいいほどの強度を持った」と自信をのぞかせる斎藤。「白石監督の目には正解が見えていて、そこにわれわれを自然と導いてくれました。新たな挑戦にも意欲的で、前作で描かれた伝説的なシーンを完璧に再現するというトライには鳥肌が立ちましたし、さらに今回、全編iPhoneでの撮影にも果敢に挑戦している。回転寿司の皿にiPhoneを乗せて寿司を撮るシーンがあるんですが、“寿司の気持ちになれる”あのアングルは、映画史上初かもしれません(笑)」。

1ページ(全2ページ中)

関連情報

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access