クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

山田裕貴、“朝ドラ”と“ハイロー”の両立 現場で感じた重さと危機感とは

映画

山田裕貴、『HiGH&LOW THE WORST』インタビュー
山田裕貴、『HiGH&LOW THE WORST』インタビュー クランクイン!

 連続テレビ小説『なつぞら』で、自分の夢に実直に突き進む純度100パーセントの青年・小畑雪次郎を演じ、好評を博した俳優・山田裕貴。一方で、同時期深夜に放送されたドラマ『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O』では“漆黒の凶悪高校”鬼邪高校を仕切る定時の番長・村山良樹を怪演するなど、ふり幅の広さには驚かされる。

【写真】少年っぽさ漂う表情が魅力的な山田裕貴

 朝と夜でまったく違うキャラを演じている山田を見ることの楽しさを伝えると、本人は「どんな役でも演じるというのが、自分のなかでの強みではあるのですが、両方とも僕が演じているということにどのぐらいの人が気づいてくれているか分からないですよね」とやや自嘲気味に笑う。

 ドラマ『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O』は、10月4日から公開される映画『HiGH&LOW THE WORST』の前日譚に当たる物語であり、山田にとっては『なつぞら』への出演が決まったときから「『EPISODE.O』と朝ドラが同時期に放送され、朝ドラが終わるのが9月。そして映画の公開が10月頭。自分が朝ドラで多くの人に知ってもらえることで、映画にも良い影響が与えられるという意識はありました」と胸の内を明かす。


 朝ドラで雪次郎のピュアさを観たあと、深夜では、不良たちから100発殴られる荒行を耐え抜き、その後全員を返り討ちにした圧倒的強さと、やや天然の飄々(ひょうひょう)としたマイペースさが共存するつかみどころのない番長・村山を観ると、同一人物が演じているとは思えない驚きを覚える。

 「気づいてもらえていないかも」と山田自身は語っていたが、逆に考えれば、それだけ役になり切っているということ。本人も「自分がゲイリー・オールドマンを見て『この役とこの役同じ人だったんだ』と驚いたのと同じことをやりたい」と語っていたが、オンエアのタイミングが重なったことは、山田の目指している道を突き進んでいることを証明する結果となっている。


 そんな山田の俳優活動の一つの集大成となっているのが、最新作映画『HiGH&LOW THE WORST』においても、圧倒的な存在感を見せている村山というキャラクターだ。非常に立体的な人物造形は、数々の役柄を演じてきた山田だからこそ作り上げることができたのだろう。

 「最初に役をいただいた4年前から、共演した林遣都くんや岩田剛典さん、窪田正孝くんらがどんな芝居をやってくるかを見ているなかで、みんなが一番行かないルートを通ろうと思ったんです。普通の不良にはしたくなかった。そこから、自分の中のいろいろな引き出しを開けて、『コブラちゃん』と呼んでみたり、『ジャジャーン』とかやってみたり…。そういう芝居を、監督をはじめスタッフの方々もしっかりキャッチしてくれて、次の話の台本に盛り込んでいただき、本当にありがたかったです」。

1ページ(全2ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access