クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

西島秀俊、「いまだにプレッシャーで死にそうになる」 活躍の裏に謙虚でブレない姿勢

映画

西島秀俊、『風の電話』インタビュー
西島秀俊、『風の電話』インタビュー クランクイン!

 もはやベテランの域に差し掛かった西島だが、気持ちは新人の頃とほとんど変わらず、作品のオファーを受けるたびに、「自分に果たしてできるだろうか? と、いまだにプレッシャーで死にそうになる」という。さらに、個人的に興味のある役があっても、自ら手を挙げて、「やらせてください!」とアピールすることも決してしない。なぜなら、「この映画に自分は必要なのか?」という客観的な判断をできないからだと説明する。

 『2/デュオ』のときも、作品のクオリティーを心配するあまり、諏訪監督に「この役は僕じゃない方がいいものができるのでは?」と直訴したというエピソードもあるくらいだが、西島は自身のキャリアよりも、作品全体の完成度に強いこだわりを見せるのだ。ただ1点、役者として欲があるとすれば、「ご一緒していない監督や、スタッフ、役者さんがまだまだたくさんいる。だから、いろんな作品にチャレンジして、才能ある皆さんから大いに刺激を受けてみたい」と目を輝かせる。


 こうした姿勢が根本にあったからこそ、西島は、一つ一つの役に悪戦苦闘しながらも、伸びやかに自身のフィールドを広げることができたといえるだろう。特に2019年は、映画『空母いぶき』『任侠学園』からドラマ『きのう何食べた?』『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』まで、バラエティーに富んだ作品に多数出演し、大きな飛躍の年となったようだ。「これまでにないくらい素晴らしい作品と何本もめぐり会えました。まさに夢のような1年。2020年もその夢が覚めずに、ずっと続いてほしいなと思いますね(笑)」。謙虚だけれど、決してブレない。一度引き受けたらとことん役を突き詰める。そしてその目的は、あくまでも「いい作品」を作るため。最新作『風の電話』に、その生きざまが、森尾となって映し出される。(取材・文:坂田正樹 写真:松林満美)

 映画『風の電話』は1月24日より全国公開。

映画『風の電話』予告
(C)2020映画「風の電話」製作委員会

2ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access