クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

西島秀俊、「いまだにプレッシャーで死にそうになる」 活躍の裏に謙虚でブレない姿勢

映画

  • twitter
  • facebook
西島秀俊、『風の電話』インタビュー
西島秀俊、『風の電話』インタビュー クランクイン!

関連 :

西島秀俊

諏訪敦彦

 俳優の西島秀俊が、映画『2/デュオ』(1997)以来、諏訪敦彦監督と22年ぶりにタッグを組んだ最新作『風の電話』。震災によって全てを亡くした少女・ハルに、同じ被災者として心を寄せる男性・森尾役に挑んだ西島が、葛藤したという諏訪組独特の撮影現場を振り返るとともに、作品のオファーをもらうたびに、「いまだにプレッシャーで死にそうになる」という、俳優としての変わらぬスタンスを語った。

【写真】俳優として活躍の幅を広げる西島秀俊、充実した表情のインタビューフォト集

 本作は、東日本大震災以降、“天国に繋がる電話”として、3万人以上の人々が訪れている電話ボックス<風の電話>をモチーフにした初の映像作品。広島から故郷の大槌町へ、家族を亡くした少女ハルが、傷ついた心を抱えながら、見知らぬ町を旅する姿を追いかける。『ブラック校則』などで注目の新人女優・モトーラ世理奈が主人公・ハルを演じるほか、西島、三浦友和、西田敏行、山本未來ら豪華キャストが彼女を旅先で励ます重要な役で登場する。


 諏訪監督の商業映画デビュー作となった『2/デュオ』で、売れない若手俳優の役を演じた西島。当時は、シナリオのない即興演出というスタイルで、「果たして映画が撮れるのか?」と諏訪監督自身が模索していた時代だが、あれから22年、西島自身も役者として実績を積み重ね、双方が成熟した中で再タッグが実現した。「今や諏訪監督のスタイルが確立していて、当時とは全く違う空気感でしたね。現場も落ち着いていて、安定感がありました」。

 ただ、森尾という役は、経験豊富な西島にとっても極めて難しい挑戦となったようだ。「前作の『2/デュオ』は、若くて売れない役者という、当時の僕とリンクする部分があったので、その場で感じたことが言葉となって出てきましたが、今回は自分が今いる状況と役があまりにも離れすぎていて、うまく言葉が湧き出てこないという苦しさがありました。通常は脚本のセリフが助けになるのですが、諏訪監督の場合はそれがない。果たしてこれで正解だったのか…今も自問自答しています」と胸の内を明かす。


(C)2020映画「風の電話」製作委員会

 特に、旅の途中、森尾という役をまといながら、リアルな悩みを抱える本物のクルド人ファミリーの中に西島は突然放り込まれるが、物語と実話が交錯するドキュメンタリーのようなシーンに戸惑い、そして苦しんだ。「俳優同士の演技でシーンを作っていくのとは全く違うので、本当に難しかったですね。カメラは1時間回しっぱなし、そこでクルド人の方たちの切実な問題を真剣に聞くわけですが、リアルな話をしている中で、果たして僕は森尾という“役”として、ここにいていいのか…かなり葛藤しました」。

 それでも、「諏訪監督にもう一度呼んでいただいて、本当にうれしかった」と喜びをあらわにする西島。「独特の手触りで撮っていく監督なので、確かに現場は特殊です。でも、その特殊な現場をまた体験させていただけるといううれしさも一方にはあって。さらに今回は、モトーラさんが主人公を演じていますが、彼女の存在も刺激的でした。何か言葉を向けられると、ハルとして10分でも20分でも考え続けるところがすごい。役に対して絶対に『嘘をつかない』という彼女の意志の強さは、役者としての原点を見つめ直すいい機会にもなりました」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv