クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

役者デビュー10周年の千葉雄大「誰かと比べてしまっていた時期もあった」

映画

千葉雄大、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』インタビュー
千葉雄大、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』インタビュー クランクイン!

 30代に突入し、役者としてさまざまなチャレンジを重ねている千葉雄大。映画『スマホを落としただけなのに』の続編『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』では刑事・加賀谷役として、単独主演を務めた。「かわいい」を代名詞としてお茶目な表情を見せることも多い彼だが、30歳・役者デビュー10周年を迎えた思いを聞くと「誰かと比べてしまっていた時期もあった」と告白。そんな思いも吹っ切れたと語る彼が、今の境地を語ってくれた。

【写真】クールな表情を見せる千葉雄大、撮り下ろしカット集

■続編だからこそ感じる、継続の重みと出会いの喜び

 前作が大ヒットしていることもあり、少なからずプレッシャーもあった様子だが、千葉は「昨年は『家売るオンナ』の続編や『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』のスペシャル版など、続編のお話をいくつかいただくことがあって。今まで自分がやってきたことに対してのご縁をすごく感じました」としみじみ。「前作の『スマホを落としただけなのに』は尊敬する北川景子さんが主演されていて、それに続く主演ということで、決して手放しで“撮影が楽しみ”とは言えませんでした。でも、もし僕がやってきたことを見てくださって、そういったお話をいただけているのだとしたらすごくうれしいこと」と継続の重みと出会いの喜びを実感する。


 今回、加賀谷は前作で自身が逮捕した浦野(成田凌)と禁断のタッグを組み、事件解決に奔走。次第に加賀谷のバックボーンも明らかとなるなど、ドラマ性あふれる内容となっている。千葉は「盛りだくさん」とニッコリ。「前作から引き継いだ部分もあれば、加賀谷のバックグラウンドや浦野とのバディ的な関係、加賀谷の恋人の美乃里との関係性も描かれます。大変だったのは、加賀谷という人物は、物語の真ん中に立つような性格のキャラクターではないこと。いろいろと考えることも多かったですが、やりがいも大きかった。中田秀夫監督や周りの方に助けていただいて、加賀谷を作り上げていきました」と充実の表情を見せる。

■恋人役は乃木坂46・白石麻衣!「潔くてすごくかっこいい女優さん」

 「加賀谷に恋人がいたのは、僕自身、驚きでした」と楽しそうに話す千葉。「ミステリーですが、胸キュン映画としても楽しんでほしい」とアピールする。美乃里を演じたのは、乃木坂46の白石麻衣。白石との共演では刺激になったことも多かったという。「監督から求められたことに、“わかりました”と一つ返事で応え、真っ直ぐに向き合われていた。すごく潔さを感じて、かっこいい女優さんだなと思いました」と述懐。


 「恋人役なので、“お互い、どういうところを好きになったんだろう?”という話をして役柄をすり合わせていました。美乃里は強い意志を持った女性だからこそ、加賀谷は惹(ひ)かれたんだと思います」と分析する。しかし、劇中の加賀谷は結婚を意識する美乃里に対して、なんとも煮え切らない態度をとってしまう。千葉自身は、もし女性から結婚を迫られたらどうするだろうか?「加賀谷とは違って、きちんとはっきりさせると思いますよ。“自分がしっかりしてからじゃないとダメだ”という感覚は、もうなくなりました(笑)。もしそんな機会があれば、“ありがとうございます”と言いたい(笑)」と妄想していた。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv