クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

吉谷彩子&井之脇海、 “大学の先輩・後輩”の2人だからこそ作り上げられた距離感

エンタメ

(左から)井之脇海、吉谷彩子
(左から)井之脇海、吉谷彩子 クランクイン!

 『孤独のグルメ』『きのう何食べた?』『忘却のサチコ』と、テレ東系深夜の“飯テロ”ドラマの系譜にこの秋新たな一作が加わった。女優の吉谷彩子と俳優の井之脇海がダブル主演を務める『ハルとアオのお弁当箱』(BSテレ東/毎週月曜24時)は、オタク女子とジェンダーレス男子の同居生活をお弁当をテーマに描く。連ドラ主演は初めての吉谷、2回目の井之脇とフレッシュな2人に、本作への思いを聞いた。

【写真】実は大学の先輩・後輩の関係 取材中もほっこりした雰囲気の吉谷彩子&井之脇海

◆オファーに感じたそれぞれの不安

 まちたによる同名漫画を実写ドラマ化する本作は、オタク女子とジェンダーレス男子が、“お互いにお弁当を作り合う”というルールの同居生活の中で、お弁当を通した触れ合いにより前向きに生きていく姿を描くハートフルドラマ。

(左から)井之脇海、吉谷彩子
――本作が連ドラ初主演となる吉谷、ジェンダーレス男子に初挑戦する井之脇。それぞれオファー時には不安があったという。

吉谷:すごく緊張しました。自分が中心になって物語が始まっていくという感覚がどういう感覚か分からなかったので、果たして務まるのだろうかと、久々にネガティブな自分が出てきました。でも、原作を読ませていただいて、ハルちゃんという女の子がすごくかわいらしく、あったかいお話だったのでぜひやらせていただきたいと思いました。

吉谷彩子
 ハルちゃんはずぼらで、面倒くさがりで、私に似ているなとも感じました(笑)。おとなしいイメージの役が多いのですが、実は今までやってきた中で一番自分に近いキャラクターなんです。

 あと、私の母との物語にも似ていたので、母が喜ぶだろうなって。第2話に出てくる「鮭と枝豆の混ぜご飯」は、母がよく作ってくれた料理だったので、運命も感じました!

井之脇:初めはチャレンジな役だなと思いました。それはジェンダーの悩みを抱えているからというわけじゃなく、僕自身があまり向き合ってこなかった悩みを抱えている役だったので、そこをどれだけ想像できるか、すごく難しいなと感じました。原作ではすごくすてきなアオさんを、どうイメージを崩さずに演じられるか不安でした。

井之脇海
 でも、衣装さん、メイクさんや多くのスタッフさんと打ち合わせを重ねていく中で、アオさんの人物像をみんなで作り上げることができ、今では演じていても1人で演じている感じがしないくらい楽しく撮影できています。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access