クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

広瀬アリス、自分を過信せず「余裕は持ちたいけれど、調子には乗りたくない」

エンタメ

広瀬アリス
広瀬アリス クランクイン!

 ここ数年、さまざまなキャラクターを演じて演技の幅を広げ、どこか吹っ切れた印象のある女優の広瀬アリス。昨年は、ドラマ『トップナイフ‐天才脳外科医の条件‐』(日本テレビ系)に始まり、コロナ禍で自粛期間中に撮影され、実妹・広瀬すずと共演したリモートドラマ『Living』(NHK総合)、『七人の秘書』(テレビ朝日系)など、走り続けた。そして今年1月からは、韓国の同名ドラマをリメイクした、タイムスリップドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)でヒロインを務める。ヒロインといっても、本作での広瀬は、大倉忠義演じる主人公・元春の“恐妻”である澪として登場。「かなりのインパクトを残そうと頑張りました」と意味深にほほ笑む広瀬の、ここ数年の快進撃はどこから来るのか。

【写真】輝く笑顔を見せてくれた広瀬アリス 撮り下ろしカット

◆女優として自分を過信せず「余裕は持ちたいけれど、調子には乗りたくない」


 「スタートも女優業でしたし、自分のベースはあくまでも女優だと思っています」と語る広瀬だが、2015年に専属モデルを卒業した雑誌「Seventeen」、そして現在活躍する雑誌「with」など、ファッションモデルとしても高い人気を誇る。そうした経験を、「モデルもさせていただくようになり、『アナザースカイII』でMCをやらせていただいたり、番宣でバラエティー番組にも出たりと、いろんなことが糧になっていると思います」と落ち着いて分析。しかし「基本的な部分は、あまり変わっていませんし、むしろ変えたくないんです」と明かす。

 先月迎えた26歳の誕生日には「初心を忘れずに」とツイートした広瀬。「余裕は持ちたいけれど、調子には乗りたくない。最近は、台本の読み方や役作りのアプローチなどは、自分のペースが分かってきたところはありますが、自分を過信しないようにと、日々思っています。『初心を忘れず』、それに尽きます。どんなに忙しくても追い込むときは追い込む必要がありますし、作品が重なったりしてめちゃくちゃしんどいと分かっているときでも、やらなきゃいけないことはやる。手は抜きたくないんです」と強い瞳で言い切る。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access