クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

水原希子「ダメだったら役者を辞めよう」 すべてをさらけ出して挑む

映画

映画『彼女』に出演する水原希子
映画『彼女』に出演する水原希子  クランクイン! 写真:松林満美

 モデルとして活躍するなか、2010年に映画『ノルウェイの森』で、俳優デビューを果たした水原希子。その後もコンスタントに映画やドラマに出演していたが、その活動は「可能性を引き出してもらえていた」とやや受動的な思いが強かったという。そんななか、Netflix映画『彼女』では、原作や台本を読んで「とにかくチャレンジしたかった」と前のめりに挑み「もしダメだったら役者を辞めよう」という強い覚悟で臨んだという――。

【写真】クールな表情から温かいほほ笑みまで 水原希子撮り下ろしインタビューカット&壮絶な愛の逃避行『彼女』場面写真

■ すべてをさらけ出さないと太刀打ちできない役

映画『彼女』より
 中村珍のコミック『羣青(ぐんじょう)』を原作としたNetflix映画『彼女』は、高校の同級生時代から時間を経てつながった女性2人が、痛いほどに身も心もさらけ出した逃避行を繰り広げる姿を描いたラブストーリーだ。劇中では、感情をむき出しに罵りあうシーンや、過激に体を求めあう描写など「体当たり」という言葉も陳腐に聞こえるほど熱を帯びたシーンが満載だ。

 水原自身、これまでも数多くの映画やドラマに出演しているが、演じたレイという役に対して「10年役者をやってきましたが、ここまで自分の気持ちをさらけ出さないと太刀打ちできないと思える役に出会える機会なんてめったにないと思う」と特別な感情を持ったと明かすと、これまでの俳優人生を振り返り始める。

■ 俳優業に対して受け身だった20代


 水原が俳優業に進むきっかけとなったのは、村上春樹が1987年に発表した小説を原作とした映画『ノルウェイの森』(2010)だった。オーディションの話をもらったとき「絶対通るはずない」という思いで受けたというが「たまたま緑という役柄が、私のバックボーンと似ていたことにシンパシーを感じたトラン・アン・ユン監督が私を採用してくれたんです」と、俳優業への扉が開けた。

 その後、『ノルウェイの森』の演技によって、水原の才能に可能性を感じた人たちからオファーが続いた。「私自身、いろいろなお話をいただき、作品に出演させてもらったおかげで、自分でもまったく気づいていなかった自分を引き出してもらえたんです」。

 こうして続いた作品への出演は、自らの表現を積極的にアピールするというよりも、一流のクリエイターたちによって“引き出してもらっている”という感覚だった。どちらかというと、20代は、俳優業に対しては「受け身」だったという。

1ページ(全2ページ中)
水原希子&さとうほなみが気持ちをぶつけ合う 映画『彼女』予告編

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv