クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

鈴鹿央士×飯豊まりえW主演『夏へのトンネル、さよならの出口』9月公開へ 特報&ティザーポスター解禁

アニメ

映画『夏へのトンネル、さよならの出口』ティザーポスター

映画『夏へのトンネル、さよならの出口』ティザーポスター(C)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

関連 :

鈴鹿央士

飯豊まりえ

 アニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の公開日が9月9日に決定。併せて、ダブル主演を務める鈴鹿央士、飯豊まりえの声も収められた美しい特報映像が、ティザーポスターと共に解禁された。

【動画】鈴鹿央士×飯豊まりえW主演、アニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』特報

 本作は、心に秘めた思いを抱え、不思議なトンネルに足を踏み入れた少年と少女のひと夏の物語。原作は、第13回小学館ライトノベル大賞のガガガ賞と審査員特別賞をダブル受賞した八目迷のデビュー作である同名ライトノベル(小学館ガガガ文庫)。

 ウラシマトンネル―そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入る。ただし、それと引き換えに…。つかみどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオル(声・鈴鹿)と、芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず(声・飯豊)。ふたりは不思議なトンネルを調査し、欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶ。

 解禁された30秒の特報映像では、「ぼくは、あの夏の君を取り戻す」「これは二人だけの秘密」「この世界を捨てたっていいと思った」「今日から私たちの共同戦線が始まる」「このトンネルに私たちの願いを叶えてもらうために」と、カオルとあんずの意味深なやりとりが重ねられ、“ウラシマトンネル”という文字が浮かび上がる。美しい映像とともに、“ウラシマトンネル”というキーワードで結ばれた二人の冒険の始まりが幻想的につづられていく。

 また劇伴は、ピアニスト・作曲家の富貴晴美が手掛ける。富貴はNHKの大河ドラマ『西郷どん』、連続テレビ小説『マッサン』、テレビアニメ『ピアノの森』など30作品以上の音楽を担当。『わが母の記』(2013)で第36回日本アカデミー賞音楽賞優秀賞を最年少で受賞し、『日本のいちばん長い日』(2016)、『関ヶ原』(2018)で3度の日本アカデミー賞音楽賞優秀賞に輝いた若手実力派が、美しいピアノ楽曲を書き下ろした。

 富貴は「“ウラシマトンネル”があったら、私も塔野カオルと同じ選択をするだろう。『最愛の人を取り戻したい』と共感した時、音楽が自然と頭の中で鳴り響いた。作曲をしている間、塔野カオルになりきっていたのかもしれない。夢中で音楽を書いていたので、ウラシマトンネルに入ったように、数週間があっという間に感じた。それほど時間が経つのが早かった」と明かす。そして、「登場人物たちの繊細な気持ちを表現するために、ピアノを中心とした繊細なオーケストレーションを目指しました。映像美、音楽、全てにおいて幻想的なウラシマトンネルを体感しにきてください」と言葉を寄せている。

 ティザーポスターは、イラストレーターのくっかが手掛けた美しいビジュアルで、4月29日より全国の公開劇場にて掲出予定。また、同日発売されるムビチケには、このビジュアルを使用したクリアファイルが前売り特典として配布される。

 アニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』は、9月9日より全国公開。

『夏へのトンネル、さよならの出口』特報映像

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv