クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

タランティーノが『トップガン マーヴェリック』を絶賛「トニー・スコットへの愛が溢れている」

セレブ&ゴシップ

タランティーノ『トップガン マーヴェリック』を絶賛
タランティーノ『トップガン マーヴェリック』を絶賛 クランクイン!

関連 :

クエンティン・タランティーノ

トニー・スコット

ジョセフ・コシンスキー

トム・クルーズ

 世界中の映画ファンを魅了している『トップガン マーヴェリック』に、新たな称賛の声が加わった。映画オタクとして知られるクエンティン・タランティーノが、「素晴らしかった」「トニー・スコットへの愛とリスペクトが溢れている」と称賛した。

【写真】やったね! トムがガッツポーズ

 Varietyによると、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』などで知られるタランティーノ監督が、この度ポッドキャスト「ReelBlend」に出演し、「『トップガン マーヴェリック』がすごく良かった。ファンタスティックだったよ」と絶賛したそうだ。

 「映画館で観たんだ。『トップガン マーヴェリック』とスピルバーグの『ウエスト・サイド・ストーリー』は、どちらも本当に壮観な映画だった。もうこんな映画を観ることはできないと思っていたよ。本当に素晴らしかった」とベタ誉めしたという。

 タランティーノは、オリジナルの『トップガン』の監督で、彼が脚本を手掛けた『トゥルー・ロマンス』の監督でもあるトニー・スコット(2012年に逝去)を敬愛していることでも有名だが、「もう一度トニー・スコットの映画を観たのと近い感覚だった。ものすごい作品をね」とコメント。

 「コシンスキー監督は素晴らしい仕事を成し遂げた。トニーへの愛とリスペクトがすべてのフレームに込められたいた。ほぼすべての決断に愛があった。それらは意識的に存在し、本当にクールな方法で敬意を表していたんだ。トムもきっと、愛とリスペクトを持って作ったと思う」と関係者を称えたという。

 ただし、本作の胸アツポイントのひとつ、トム演じるマーヴェリックと、かつてのライバル、ヴァル・キルマー演じるアイスマンとの再会シーンについては、「ちょっとやりすぎ」と不満を漏らしたそう。とは言え、効果はあったと一定の評価はしているようだ。

 映画『トップガン マーヴェリック』は公開中。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る