クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

三宅健主演『奏劇 Trio』上演決定 孤児院で育った仲間役に大鶴佐助、藤木直人

エンタメ

  • twitter
  • facebook
奏劇 vol.2『Trio~君の音が聴こえる』に出演する(写真左)三宅健、(右上)藤木直人、(右下)大鶴佐助
奏劇 vol.2『Trio~君の音が聴こえる』に出演する(写真左)三宅健、(右上)藤木直人、(右下)大鶴佐助

関連 :

三宅健

岩代太郎

大鶴佐助

黒田アーサー

サヘル・ローズ

藤木直人

 歌手で俳優の三宅健が主演の奏劇 vol.2『Trio~君の音が聴こえる』が、東京・よみうり大手町ホールにて12月15日~24日まで上演されることが発表された。三宅のほか、大鶴佐助、藤木直人、黒田アーサー、サヘル・ローズが出演することも決定。併せて、キャスト、演奏者のコメントも到着した。

【写真】舞台『陰陽師 生成り姫』初日前会見に登壇した三宅健

 本作は孤児院で兄弟のように育ち、大人になって再会した3人の物語。『キネマの神様』や『レッドクリフ』シリーズなど数々な映画の音楽を手がけてきた岩代太郎が、演劇と音楽による新たな舞台芸術を目指し、2018年に初上演した「奏劇」シリーズの第2章として、「人には誰にも音があり、私は相手の印象をハーモニーで感じ取ろうとすることがある」と語った彼自身の言葉を元に創作された。

 孤児院で互いに寄り添いながら育った、サム(三宅)とトム(藤木)とキム(大鶴)。3人はまるで兄弟のように、3つの音で鳴り響く和音のように育った。心に傷を負いつつ、やがて大人となった3人は再会するが…。

 三宅が演じるのは、原案の岩代太郎と同じく人の心の模様を「音」で感じとる才能を持ち、ピアノを通して人の心を描写することができるナイーブで繊細なサム役。藤木は、心理カウンセラーとなり、サムと共に人の心を癒す手伝いをするトム役。さらに、この2人を兄のように慕っていたものの、やがて孤立し、また突如として2人の前に舞い戻ったキム役を、大鶴が演じる。

 黒田は愛を見失い、歌えなくなった歌手役として出演し、サヘルは若い頃、娘を産み捨てた大金持ちの企業家役を演じる。

 そして、今回の「言葉」をライブで演奏するのは、第33回国際ピアソラ・コンクールで日本人初、史上最年少で準優勝を果たし、バンドネオンの新風となっている三浦一馬、バッハからジャズ、タンゴ、ポップス、自作自演までジャンルを超えた演奏活動を展開するチェリストの西谷牧人、そして岩代が自ら作曲した楽曲を、彼らとともにピアノで競演する。

 原案・作曲の岩代は「『何故、そこに音楽が必要なのか』作曲家が生涯をかけて問いかける果ての先に、どうかご期待下さい」とコメント。

 三宅は「新しい形の表現に出会えることをとても光栄に思います。僕自身も一体全体どう言う作品になるのか全く見当がつかないので、今からワクワクと心を躍らせています」と本作への期待を述べた。

 大鶴も三宅と同様、「プロットを読んだ感じでは、生演奏に助けられるというか多重構造的な作品なので、リーディングとはいってもお芝居ではあるし、どこにたどり着くのか自分としてもとてもワクワクしています」と期待をあらわに。

 藤木は「非常に複雑だし、難解だけど、きちんと観に来て下さる方々に分かりやすく届けなければいけないな、と感じています。せっかくクリスマスシーズンにできるということなので、みんなが楽しみに来てほしいし、来て下さる方の期待を裏切らない素敵な時間を提供したいと思います」と自身の意気込みをコメントした。

 奏劇 vol.2『Trio~君の音が聴こえる』は12月15日~24日まで、東京・よみうり大手町ホールにて上演。

 キャスト、演奏者のコメント全文は以下の通り。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv