クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『アバター:WoW』、主要9名のキャラポスター解禁 キャストによる解説映像も

映画

  • twitter
  • facebook
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』キャラクターポスター
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』キャラクターポスター(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

関連 :

サム・ワーシントン

ゾーイ・サルダナ

シガニー・ウィーバー

クリフ・カーティス

ケイト・ウィンスレット

スティーヴン・ラング

ジェームズ・キャメロン

 12月16日より公開されるジェームズ・キャメロン監督作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』より、主要9名のキャラクターポスターが解禁。併せて、ゾーイ・サルダナらキャスト陣が「ハロー、ジャパン!」と呼びかけ、各々のキャラクターを解説する特別映像も到着した。

【動画】「ハロー、ジャパン!」キャスト陣がキャラクターを紹介する特別映像

 本作は、全世界歴代興行収入第1位に輝き、それまでの映像界の常識を一変させた革命的超大作『アバター』(2009年)の13年ぶりとなる続編。美しい海とそこに宿る生物たちの息吹、そして神秘の星パンドラの侵略を目論む人類と、先住民ナヴィとの激しい戦いと心を揺さぶる感動のドラマが、進化した映像美とともにエモーショナルに描かれる。

 今回解禁されたキャラクターポスターに描かれているのは、神秘的な“海”を舞台に、家族の愛と絆の物語を織りなすメインキャラクター9名。上段左は、第1作『アバター』の主人公、ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)。前作でジェイクは、人間とナヴィのDNAをかけ合わせた肉体“アバター”に意識を移し、パンドラの星を調査するミッションを受ける。やがて神秘的な世界に魅了され、ナヴィ達と共に人類の侵略に立ち向かうことでパンドラの一員となった。本作でジェイクは、妻のネイティリとの間に家族が増え、子供たちとともに暮らしている。キャラクターポスターでは、最愛の家族を守るため再び人類に立ち向かう“父親”としての表情を見せている。

 上段中央は、ジェイクを支える妻・ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)。ネイティリは前作に引き続きジェイクと共に一族を牽引。ポスターでは、戦士としてだけではなく、子を守る“母”としての力強い眼差しを見せている。一家の長男ネテヤム(ジェームズ・フラッターズ)は、幼い弟たちを守るため、そして一族の次期リーダーとなるために成長していく。下段右は、一家の次男・ロアク(ブリテン・ダルトン)。ロアクは未知なる海の生物と積極的にコミュニケーションをとる一方で、「よそ者なんか眼中にない」と他の部族と対立するなど、問題児な一面を持つ。

 上段右は、ジェイク一家の養子で物語の鍵を握る少女・キリ(シガーニー・ウィーバー)。前作でグレース博士役を務めたシガーニーが演じるキリは、ポスターでは海の世界で無邪気な表情を見せているが、果たして“パンドラの海”とどんな繋がりがあるのか。中段右は、同じく養子で人間の子であるスパイダー(ジャック・チャンピオン)。勝ち気な性格のスパイダーは真っ直ぐ何かを見つめており、芯のあるキャラクターであることをうかがわせる。ジェイクとネイティリは、全てに興味津々な末っ子のトゥク(トリニティ・ジョリー・ブリス)を含む6人の子供たちと共に暮らしている。

 本作で、平穏に暮らしていたジェイク一家は、再び人類が現れたことで神聖な森を追われてしまう。彼らが助けを求めたのは、“海”を拠点とする部族。下段左は、その一族の長・トノワリ(クリフ・カーティス)。トノワリは「お前たちの戦いに巻き込むな」と、問題を持ち込むジェイク達を警戒して簡単には受け入れない。ポスターでトノワリは、厳しい表情を覗かせ族長の風格を漂わせている。

 下段中央は、トノワリと共に一族を率いる妻・ロナル(ケイト・ウィンスレット)。ポスターでロナルは、優しさの中にも力強い表情を覗かせている。トノワリ一家の長男であるアオヌング(フィリップ・ジョルジョ)は、当初は突然の来訪者に対し厳しい視線を向けるが、ジェイクたちに“海”での生き方を教えていく。

 中段中央は、トノワリ一家の長女・ツィレヤ(ベイリー・バス)。ポスターでひと際優しい表情を見せている彼女は、前作でジェイクとネイティリが思いを交わす際に語った「I see you.(私には見える)」という名セリフを、ロアクに向けて語っており、対立する2つの部族をつなぐ重要な存在となることをうかがわせる。部族の垣根を超えた2人の恋の行方にも注目だ。トノワリ達はジェイク一家を迎え入れるも、問題が度重なり部族間で衝突が起きてしまう。果たして彼らは、侵略を目論む人類を前に、手を取り合うことができるのか。

 中段左は、ナヴィたちを追い詰めていく、ジェイクの元上官・クオリッチ(スティーヴン・ラング)。前作のラストで致命傷を負い命を落としたはずのクオリッチだが、ポスターでは、“パンドラの世界”を再び脅かさんとする険しい表情を覗かせている。本作では人間の身体ではなく、なぜかアバターのボディを手に入れナヴィたちの前に再び立ちはだかる。

 併せて解禁された特別映像は、豪華キャスト陣が、「ハロー、ジャパン!」と日本に向けてメッセージを贈る姿から始まる。続いて自身の演じるキャラクターを一言で紹介。ネイティリ役のゾーイ・サルダナが「誠実」、ジェイク役のサム・ワーシントンが「思いやり」、トゥク役のトリニティー・ジョリー・ブリスが「愛情」、ネテヤム役のジェームズ・フラッターズが「勇敢」、ツィレヤ役のベイリー・バスが「力強さ」、スパイダー役のジャック・チャンピオンが「忍耐力」とそれぞれ語り、最後はゾーイが「もうすぐ劇場で公開よ」とにこやかに語りかけて締めくくっている。

 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は、12月16日より全国公開。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』特別映像

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv