クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

是枝裕和監督が若手監督たちに太鼓判! Netflix『舞妓さんちのまかないさん』の製作の裏側を垣間見える座談会

ドラマ

  • twitter
  • facebook
Netflixシリーズ『舞妓さんちのまかないさん』特別座談会より(左から)是枝裕和監督、津野愛監督、奥山大史監督、佐藤快磨監督
Netflixシリーズ『舞妓さんちのまかないさん』特別座談会より(左から)是枝裕和監督、津野愛監督、奥山大史監督、佐藤快磨監督(C)小山愛子・小学館/STORY inc.

関連 :

是枝裕和

津野愛

森七菜

出口夏希

 森七菜と出口夏希がダブル主演し、2023年1月12日から配信されるNetflixシリーズ『舞妓さんちのまかないさん』より、本作の総合演出を務めた是枝裕和監督と各エピソードの監督を務めた津野愛監督、奥山大史監督、佐藤快磨監督による特別座談会が行われた。

【写真】Netflixシリーズ『舞妓さんちのまかないさん』、是枝裕和監督らの座談会の様子

 本作は小山愛子による同名漫画の実写化。映画監督の是枝裕和がNetflixと初のタッグを組み、総合演出・監督・脚本を手掛ける。京都・祇園の花街を舞台に、舞妓さんたちが共同生活を営む屋形(やかた)の「まかないさん(=ごはんを作る仕事)」となった主人公キヨが、青森から一緒にやってきた親友の舞妓すみれとともに花街で暮らしていく日常を、華やかな芸舞妓の世界とおいしいごはんを通してつづる物語だ。

 屋形のまかないさんとなるキヨを森七菜、キヨと一緒に青森からやってきて舞妓として“百年にひとりの逸材”と将来を期待されるすみれを出口夏希が演じる。また、屋形のおかみさんの高校生の娘・涼子を蒔田彩珠。屋形の先代のおかみさんで、今も屋形の要となる千代を松坂慶子。人気No.1の芸妓である百子を橋本愛。百子の元同期で出戻りの芸妓・吉乃に松岡茉優。涼子の母で屋形のおかみさん・梓を常盤貴子が演じる。

 座談会では、それぞれの監督が自ら担当したエピソードの好きなシーンや印象深かったエピソードを明かした。

 津野監督は「脚本の砂田麻美さんと、女の子が集まった時の“あの感じ”がちゃんと出せたらいいねと話していて、その雰囲気をどこかで収めたいと思っていました。3話のラスト、プリンを巡るシーンでそれが撮れたと思えたのが嬉しかったですね」と語った。

 奥山監督は「このドラマがある種の説得力を持つためには、やはり芸舞妓たちの舞が美しくなければいけないと思っていたので、そこに本気で向き合った百子役の橋本愛さん、すみれ役の出口夏希さんは素晴らしいと思います。5話では百子が“黒髪”を舞うシーンのみ演出を担当しましたが、あの時の橋本さんの気合いの入り方は凄かったですし、6話で百子とすみれが“祇園小唄”を舞うシーンでは、出口さんの練習に橋本さんがぎりぎりまで付き添っていて、それが印象に残っています。橋本さんはお師匠さんからお墨付きをもらうくらい完璧にできるんですけど、撮影直前まで二人で何度も練習する姿を見て、本当に姉妹みたいだと思いました」と振り返った。

 佐藤監督は「すみれが見世出しをする9話のシーンは、このシリーズ全体の大団円でもあるので、撮影の日は朝から僕自身がふわふわしていました。振り返ると、出口さんが本当に頼もしくて、シーンを引っ張っていってくれましたし、そんなすみれをキヨがそっと支え、その二人を周りの芸舞妓や大人たちが温かく見守るという関係性が、すでにできあがっていたように思います。僕がいちばん好きなのはすみれとお父さんが無言で対峙する瞬間で、あのすみれの表情は、現場でもいい表情が撮れたなと思いました」と話した。

 総合演出の是枝監督は、3人の監督が担当した各エピソードを見た感想を「みんな各話に上手くハマっているし、それぞれ個性があって素晴らしいです。9話はしっかりまとまっていて、佐藤くんも言ってたけど、出口さんの成長を感じます。最初の頃はおぼつかない様子だったけど、4話、5話くらいからガラッと変わって、9話の彼女は1話とは本当に別人だったと思う。それくらい物語の展開と、出口夏希という女の子が女優になっていく流れがリンクしているんです。そのプロセスが収められるところがシリーズの良さですよね」と語った。

 そして、本作の魅力について佐藤監督は「祇園の人たちは、季節によってしつらえを変えたり、四季の変化に合わせて生活してるんですよね。寒いとか、暑いとか、おそらくそれすらも楽しんで、知恵を見つけて暮らしている気がする。僕は雪国の秋田出身なんですけど、幼い頃、おじいちゃんがパンクした自転車で雪道を走っていたんです。あれも今思えば、パンクしたタイヤの方が雪道を走りやすかったのかなって。そうやって季節に合わせて、楽しみながら暮らしていく視点が、このシリーズの魅力になっていると思います」とコメント。

 奥山監督は「定型的な日本の魅力だけでなく、もっと生活に身近な日本の良さも描かれているところでしょうか。先日、英語吹替版を観てみたら、リップシンクもばっちり合っていて、中でも千代役の吹替の声が松坂慶子さんの声とそっくりなんです。それくらい丁寧に作られていて、海外の方にもクオリティが落ちないかたちで本作の魅力を楽しんでもらえるかなと思うので、海外からの反応も楽しみです」と話している。

 津野監督は「ストーリーを追わなくても楽しめるところが、いちばんの魅力なのかなと思います。もちろん物語を追う楽しみもあると思いますが、それ以外の時間がとても豊かなんですよね。そのストーリーの外にある余白の部分をきちんと残すことができたのは、今こういう時代には凄く特別なことなんじゃないかなという気がします」と語った。

 是枝監督は「このドラマが描こうとしているのは、京都とか舞妓とか和食とか、そういった親しみやすい日本的なイメージの奥にあるもの、日本人の暮らしが本質的に持ってきた四季との結び付きやその豊かさです。それがちゃんと届くと良いなと思います。もしシーズン2があるとしたら、様々な人たちが屋形に出入りする一方、その屋形を包む街は300年ずっと変わらないという、そういった視点まで物語を広げたいです。そうなると、家や街や時間といったものの中で、人の営みが繰り返され変わっていくという、このドラマが持つ可能性がより明快になるはずなので。もちろん今回のシリーズでも、その気配がちゃんと伝わるものになっていると思います」と話している。

 Netflixシリーズ『舞妓さんちのまかないさん』は、Netflixにて2023年1月12日より全世界独占配信。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv