クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

『日本レコード大賞』最優秀新人賞は田中あいみ、22歳の現役女子大生 「めっちゃ幸せです!」と涙

エンタメ

『第64回 輝く!日本レコード大賞』最優秀新人賞の田中あいみ
『第64回 輝く!日本レコード大賞』最優秀新人賞の田中あいみ(C)TBS

 30日放送の『第64回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)で、歌手の田中あいみが最優秀新人賞に選ばれた。

【写真】新人賞を受賞したOCHA NORMA

 カラオケ喫茶を経営する両親の元に生まれた彼女は、幼少期から歌謡曲に興味を持ち、2019年には日本クラウン演歌・歌謡曲新人オーディションにエントリーし、当時18歳でグランプリを受賞。2021年には「孤独の歌姫(シンガー)」でデビューを果たした。現在、22歳の現役女子大学生でもある彼女は、演歌歌手の細川たかしに師事しながら、歌手活動を続ける田中が、最優秀新人賞を獲得した。

 最優秀新人賞発表の瞬間、司会の有村架純が田中の名前を読み上げると、一瞬あっけに取られた表情に。その後、笑顔で頭を下げると一転、感極まった表情で、記念の盾を受け取った。司会の安住紳一郎からマイクを向けられた田中は「めっちゃ幸せです!」と涙。

 続けて「このステージに立つのが夢だったんですけど、まさかこうやって最優秀新人賞をいただけるというのは、本当に幸せ者でございます。ありがとうございます!」と喜びをあらわにすると、涙ながらに「大阪ロンリネス」を熱唱した。

 今年は田中のほか、石川花、OCHA NORMA、Tani Yuukiが新人賞を受賞した。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る