クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

宮沢賢治を愛した家族の物語―役所広司&菅田将暉&森七菜共演『銀河鉄道の父』本予告&ポスター解禁

映画

 役所広司が主演を務め、菅田将暉と森七菜が共演する映画『銀河鉄道の父』より、宮沢賢治を支えた家族の愛が胸を打つ本予告と本ポスターが解禁された。

【動画】宮沢賢治を最後まで支え続けた父・政次郎とその家族の深い愛―映画『銀河鉄道の父』予告

 本作は、門井慶喜が大量の宮沢賢治資料の中から賢治の父・政次郎について書かれた資料をかき集め、究極の家族愛を描いた第158回直木賞受賞作の小説を、成島出監督のメガホンで実写化。賢治の父・政次郎を役所広司、賢治を菅田将暉、賢治の妹・トシを森七菜、母・イチを坂井真紀、賢治の祖父・喜助を田中泯、弟・清六を豊田裕大が演じる。主題歌は、いきものがかりが書き下ろした新曲「STAR」。

 このたび、宮沢賢治を最後まで支え続けた父・政次郎とその家族の深い愛が胸を打つ本予告映像が解禁。待望の長男誕生に喜ぶ父・政次郎。家業の質屋の跡取りとして期待していたが、賢治は家業を継ぐことを拒否し、農業学校への進学、人造宝石の商売、宗教と我が道を進む。そんな賢治に政次郎はついに激昂。賢治も「できねぇ! 俺はもう何も出来ねぇ」と泣き叫び、2人は対立していく。

 そんな父子の距離がどんどん離れていく中、賢治が物語を書くことを楽しみにしていた妹・トシが病に倒れる。賢治は「風の又三郎」と題した童話を読んで励ますが、願いむなしく、トシは旅立ってしまう。心の支えを失った賢治は「俺はもう何も書けねえのす」と慟哭。その賢治に再び筆を執らせたのは、「私が宮沢賢治の一番の読者になるじゃ! だから書け、物語を書け!」という政次郎の叫びだった。

 こうして賢治が紡ぐ物語の一番のファンになってゆく政次郎や母・イチら家族が見守る中、賢治は自分の道を歩き始めるが、その矢先、トシと同じ病に襲われる…。終盤では「どんな人生を歩もうと信じ続ける」「あなたは私たちの希望だから―」というメッセージが映し出され、最後は「親バカだな、お父さんは」というセリフで終了。どんな困難があっても宮沢賢治を信じ続けた家族の物語に期待が高まる、エモーショナルな本予告映像となっている。

 併せて解禁された本ポスターは、宮沢家の家族集合写真を切り取ったもの。上段には、トシが兄の賢治に「約束したでねえか、おっきくなったらもっともっといっぺぇお話つくってくれるって」と話す仲睦まじいシーン、下段には父・政次郎が宮沢賢治の書籍を手にする姿を配置している。

 映画『銀河鉄道の父』は、5月5日より全国公開。

映画『銀河鉄道の父』予告

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv