クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

『呪術廻戦』真人が虎杖にキス!? “最高の悪役”の活躍は「ライバルとして100点満点」

アニメ

テレビアニメ『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」 第18話場面写真
テレビアニメ『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」 第18話場面写真(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

関連 :

島崎信長

榎木淳弥

 テレビアニメ『呪術廻戦』(MBS・TBS系)第42話(「渋谷事変」第18話)が11月23日に放送。虎杖悠仁と真人の因縁の再開やアニオリ満載の戦闘シーンが話題を集めており、SNSでは「島崎(信長)さん演じる真人の『でけぇ声出さなくても聴こえてるよ虎杖悠仁ッ!?』、良かった」「真人のキス顔が見れただけで大満足」といった投稿が寄せられている。※記事内にネタバレを含みます。あらかじめご了承の上お読みください。

【写真】虎杖悠仁vs真人、予測不可能な戦闘シーン 『呪術廻戦』第42話場面写真

 “人が人を憎み恐れた腹から生まれた”真人の等級は特級呪霊。元来好奇心が強く、戦闘面でも「より洗練された殺すための形」を貪欲に模索しながら成長を続けており、冷酷かつ狡猾に魂を削るスキルは他の呪霊と比べて頭一つ抜けている。

 人間に興味を持ち、同時に人間を嫌っている一方で、漏瑚や花御ら同じ呪霊に対しては家族のように接する一面を持ち合わせている。虎杖に対してはアニメ第1期で因縁ができて以来「何度でも殺したい」と執着を見せるようになり、第42話では七海建人を殺害した際に「オマエはなんなんだ!! 真人!!」と虎杖が激怒すると、「デケェ声出さなくても聞こえてるよ!! 虎杖悠仁!!」と嬉しそうに絶叫。

 2人の因縁が伝わるこの絶叫シーンには、「想像以上に必死で壮絶でがむしゃらで泣いてしまった」「真人良い声だな」「真人役の島崎信長さん こんな大きな声出るんだ 演技力すごい」「かたや憎しみ、かたや嘲笑でほんと良かった」「漫画読んだ時の脳内再生と一致しすぎて思わずにやけてしまった」といった声が相次いでいる。

 戦闘はアニメのオリジナル描写がふんだんに盛り込まれており、変幻自在で予測不可能な動きを見せる真人がエレベーター内で虎杖にキスをするような攻撃も。これには「流石に真人のキスはビビる」「悠仁くんに一瞬キスでもするのかと思ってビビったわ」「虎杖のファーストキスが真人になるところだった」などと驚く視聴者が続出。

 もともと「意味もなく性格が悪い奴が描きたくて」という経緯で誕生した真人。作中でも「きっと楽しいよ 愚かな子供(ガキ)が死ぬ所は」「やっぱり人間少しは残そうよ 週末は森に放して狩りをするんだ」「指折り数えて困り顔で殺せば満足か? 次からそうするね?」など、心を抉るような言動を繰り返しながら呪術高専の関係者を容赦なく殺し続けてきた。

 思い入れのあるキャラクターが殺されるとどうしても嫌悪感が生まれるが、魅力的な作品を作るファクターとしては「真人って悪役としての格なら作中最高だよな」「真人、本当に主人公の対となる凶悪なライバルキャラとしては100点満点なのよな」「最高の悪役」と評価するファンが多い。

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る