クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

来年大河『光る君へ』野村麻純、毎熊克哉、三遊亭小遊三らの“平安時代”姿公開 役柄解説も

エンタメ

 吉高由里子が主演する2024年放送の大河ドラマ『光る君へ』(NHK総合ほか)より、矢部太郎、本田力、信川清順、野村麻純、毎熊克哉、三遊亭小遊三のふん装ショットが公開された。

【写真】矢部太郎、本田力、信川清順、野村麻純、毎熊克哉、三遊亭小遊三は、まひろと藤原道長の周辺を彩る役柄に

 大河ドラマ第63作となる本作は、平安中期に『源氏物語』を生み出した紫式部の人生を描く。主人公・紫式部/まひろ役を吉高、紫式部の生涯のソウルメイト・藤原道長役を柄本佑が演じる。脚本は大石静。

 矢部太郎が演じるのは、まひろ(紫式部)の従者・乙丸。まひろに振り回されながらも付き従っている。

 本田力は、藤原道長の従者・百舌彦に。道長が少年のころから忠実に仕えている。

 信川清順は、まひろの弟・藤原惟規の乳母・いとを演じる。惟規を溺愛し、行く末に気をもみながら仕えている。まひろの姫らしくない振る舞いには、やきもきすることも。

 まひろの友人・さわを演じるのは野村麻純。父の藤原為時が世話をする女性の、以前の結婚で生まれた娘。愛情に飢えた、一風変わった娘で、まひろを慕い親しくなる。やがて父親の九州赴任についていくことになる。

 毎熊克哉が演じるのは、町辻で風刺劇を披露する散楽の一員・直秀。当時の政治や社会の矛盾を面白おかしく批判する。その自由な言動に、まひろと藤原道長は影響を受ける。一方で、本性のわからない謎めいた男でもある。

 三遊亭小遊三はが演じる絵師は、絵を描くかたわらで、文や歌の苦手な者のために代筆業を営む男。実は、まひろが文や歌を作っている。まひろが創作することへの、最初の入り口となる。

 大河ドラマ『光る君へ』は、2024年年1月7日よりNHK総合ほかにて毎週日曜20時、BSプレミアム、BS4Kにて18時放送(初回15分拡大)。

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る