クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

新垣結衣「そんな歳になったんだ」 アンジェラ・アキの名曲「手紙」映画化で教師役に

映画

  • twitter
  • facebook
『くちびるに歌を』 アンジェラ・アキの名曲が、新垣結衣主演で実写映画に!
『くちびるに歌を』 アンジェラ・アキの名曲が、新垣結衣主演で実写映画に!(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 (C)2011 中田永一/小学館

関連 :

三木孝浩

新垣結衣

アンジェラ・アキ

中田永一

乙一

 アンジェラ・アキによる名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」をモチーフに、“乙一”としても知られる作家・永田栄一が書き下したベストセラー小説『くちびるに歌を』の実写映画化が決定した。主演は、TVドラマや映画など幅広い活躍をみせる新垣結衣、監督は『陽だまりの彼女』や『ホットロード』といった話題作で知られる三木孝浩氏が務める。

【関連】アンジェラ・アキの名曲が映画に!『くちびるに歌を』主演の新垣結衣<画像拡大>

 舞台となるのは、長崎県・五島列島の中学校。ある日、東京から臨時教員として柏木(新垣)がやってくる。“天才ピアニスト”と噂され、合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員たちに“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていて…。

 原作は、2008年にNHK全国学校音楽コンクール課題曲となった「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の作者アンジェラ・アキが、全国の中学生に会いに行き直接対話をするというテレビドキュメンタリーを基に書き下された小説『くちびるに歌を』。

 新垣は、今回の先生役として主演するにあたり「今までは私が生徒として先生や先輩方に見守られる役だったのが、今回初めての先生側ということで、そんな年齢になったんだなぁということを改めて実感しています」とコメント。

 更に、「実際は、自分がイメージしていたよりもずっと中身は子供で、どんなに年齢を重ねようがその時その時で困難にぶつかることはあって、そんな心境や状況は柏木ユリやアンジェラ・アキさんの曲の歌詞にとてもリンクするなと思います。そんなわけで大事に撮影期間を過ごして行けたらなと思います。がんばります」と意気込みを語った。

 映画『くちびるに歌を』は7月中旬に長崎県・五島でクランクイン。2015年2月全国公開。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv