クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ハーレイ・J・オスメント、B・ウィリスを擁護?『シックス・センス』を振り返る

セレブ&ゴシップ

  • twitter
  • facebook
映画『シックス・センス』に出演時11歳だったハーレイは現在26歳
映画『シックス・センス』に出演時11歳だったハーレイは現在26歳(C)AFLO

関連 :

ハーレイ・ジョエル・オスメント

ブルース・ウィリス

 映画『シックス・センス』の名子役として名を馳せた俳優ハーレイ・ジョエル・オスメント。当時共演した大物俳優ブルース・ウィリスが共演者・スタッフ泣かせの“気難しさ”という噂について、自分の場合は「素晴らしい経験だった」とインタビューで語った。

【関連】元子役ハーレイ・J・オスメント、もはや誰かわからない?“貫録”姿に話題沸騰

 現在、新作『Tusk(原題)』が全米公開中のハーレイ。監督のケヴィン・スミスは映画『コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら』で、共演者のジャスティン・ロングは映画『ダイ・ハード4.0』でブルースと一緒に仕事をしているという共通点があるが、スミス監督とジャスティンは以前、ブルースと仕事をする難しさを語っていた。

 ハーレイは「Huffington Post Live」でブルースとの共演の経験を尋ねられると、「僕はラッキーだったね」と回答。「ブルースとは素晴らしい経験を積めたよ。僕たちが『シックス・センス』を撮影していた時は、“いい映画だから台無しにしないようにしよう”という感じだった」と、トラブルがなかったことを話した。

 「だからみんな、いいムードだった。彼(監督のM・ナイト・シャマラン)は撮影現場で素晴らしい環境を作ることができた。当時28歳だったと思うけど、現場をうまくまとめていたよ。ブルースもあの映画を作るのを楽しんでいた」と当時を振り返った。

 「彼ら(スミス監督とジャスティン)には同情するよ。苦い経験をしたみたいだからね。でも僕にとっては素晴らしい経験だった」と、自分とは違う思いを味わったというスミス監督とジャスティンを気の毒がり、「2人にも“ブルースについて教えろ”と言われたけど、彼は僕に優しかったよ」と、ブルースには何の不満もない様子。

 ブルースといえば、俳優シルヴェスター・スタローンにも“守銭奴”的なコメントをされていたが、少なくともハーレイにとっては素晴らしい共演者だったようだ。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access