クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『ラブ・アクチュアリー』A・リンカーン演じたマークは「ストーカー」 本人が認める

映画

  • twitter
  • facebook
『ラブ・アクチュアリー』マークはストーカーだった?
『ラブ・アクチュアリー』マークはストーカーだった?(C)AFLO

 海外ドラマ『ウォーキング・デッド』リック・グライムズ役で日本でも人気のアンドリュー・リンカーンが、過去に出演した映画『ラブ・アクチュアリー』でキーラ・ナイトレイ演じる既婚女性・ジュリエットに一途な愛を訴えた自身演じるマークについて、「ストーカーである」と認めた。

【関連】『ラブ・アクチュアリー』フォトギャラリー

 画家のマークが親友の美しい妻・ジュリエットに対し、大きなスケッチブックを使い無言で愛の告白をするシーンは同作でも特に印象的なシーンだが、鑑賞者からはそんなマークに対し「彼はストーカーなのでは?」という議論が巻き起こっていた。

 これについて聞かれたアンドリューはTheWrapのインタビューで「そうさ、彼はストーカーだよ」と笑いながら答え、「(監督の)リチャード・カーティスにも聞いたんだ。『僕はストーカーのボーダーラインを越えてしまったんじゃないかな』と。そしたら彼は『違う違う、君ではないよ。安心して』と言ってた」と明かした。

 しかしながら、「最もロマンチックな映画の一つであるこの作品で、女性と結ばれなかった男を演じられて、僕はうれしいよ」と、同キャラクターは個人的に気に入っているようだ。

 『ラブ・アクチュアリー』は全米で2003年に公開。人気脚本家リチャード・カーティスが初めて映画監督を務め、19人の男女の様々な愛の形を描く。ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン、コリン・ファース、アラン・リックマン、ビル・ナイら豪華な俳優陣が出演した。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv