藤岡弘、探険隊始動! 『ブラックパンサー』の謎に肉迫するスペシャル映像公開

映 画

藤岡弘、探険隊始動!『ブラックパンサー』スペシャル映像公開
藤岡弘、探険隊始動!『ブラックパンサー』スペシャル映像公開 クランクイン!

 マーベル・スタジオの最新作『ブラックパンサー』の日本公開に先駆け、俳優・武道家の藤岡弘、率いる探検隊が、本作の鍵を握る<ワカンダ王国>の謎を調査するスペシャル映像が公開された。思い出深い仮面ライダーゆかりの地で行なわれた一大ロケに、「いろんな思いが込み上げて、熱く燃えた!」と語る藤岡の鬼気迫る演技が、観る者の冒険心に火を付ける。クランクイン!は本動画の撮影に同行し、藤岡本人に話をうかがった。

【写真】藤岡弘、探険隊 『ブラックパンサー』スペシャル映像ロケの様子

 映画『ブラックパンサー』は、若き国王と漆黒のヒーローという2つの顔を持つ男ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が活躍するアクション・エンタテインメント。超文明国ワカンダの国王だった父を亡くした息子ティ・チャラが、祖国の秘密である世界を破壊するパワーを秘めた鉱石“ヴィブラニウム”を守るため、ブラックパンサーとなって世界中の敵と戦う姿を壮大なスケールで描く。

 雲ひとつない快晴に恵まれ、絶好の撮影日和となった2月某日。早朝からロケ地入りした藤岡は、撮影の進行や自身のセリフ、衣裳などを入念にチェックし、この日演じる探険隊リーダーとして役づくりに没頭。トレードマークのベレー帽をかぶると、一気にスイッチが入り、いざ、船に乗り込み目的地へ。地図と双眼鏡で島を確認すると、さまざまな危機を乗り越え世界を旅してきた“リアル・サバイバー”藤岡の目が、見る見る戦闘モードへと突入する。

 砲撃の跡が見られる岩壁、魔物が棲んでいそうなトンネル、そして追っ手の気配を感じる闇深い密林地帯…まさにワカンダ王国の秘密が封じ込まれていそうなロケ地に、やや興奮気味の藤岡は、演技にも熱が入る。特に力が入ったのは、密林地帯で若手隊員が罠にはまるシーン。罠にはまり、驚き、転がり落ち、もがき苦しみ、そして絶叫するという一連の流れを、自らの肉体を使って隊員に指導。さらに、迫力とリアリティを追求する藤岡は、罠の縄をサバイバルナイフで切り落とすアイデアを提案し、その熱意に打たれたスタッフが、汗だくになりながら必死に応える一幕もあった。

 撮影を終えて、「今日は楽しかったね!これまで世界100ヵ国以上を旅してきて、似たような密林地帯にも行ったことがあったので、いろいろ思い出して懐かしかった」と記憶をめぐらせる。特に罠のシーンにこだわった点については、「実際に、アマゾンの先住民が密林に罠を仕掛けて狩猟をしていたのを目の前で見たことがあるんだよ。彼らの真剣な生き様に、自然の中で暮らす厳しさを教えられたことを思い出してしまって…いやぁ、ついつい熱くなってしまいました」と照れ笑い。

 明日から公開される本作の魅力について藤岡は、「国王でありながらヒーローでもあるブラックパンサーが、命を懸けて国の秘密を守るという、その発想が素晴らしいよね」と絶賛。さらに、「世界中を旅して思うのは、どんな時代になっても、本質的にヒーローを求める気持ちは永遠に無くならないということ。特に夢や希望、正義に対して関心の深い子供たちのためにも、本作のようなヒーロー映画をずっと作り続けてほしいね」と心から願っていた。(取材・文・写真:坂田正樹)

 映画『ブラックパンサー』は3月1日(木)より全国公開。

関連情報

関連記事

あなたにおすすめのビデオ&コミック

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最新ニュース

新作ビデオ

  • モーリス リストア版
  • 【先行配信】ピーターラビット
  • ランペイジ 巨獣大乱闘
  • 君の名前で僕を呼んで
  • 【先行配信】ゲティ家の身代金
  • SUPERNATURAL 最恐ホラー13選
  • ぼくの名前はズッキーニ
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  • HOMELAND/ホームランド<セブンス・シーズン>
  • ヴァレリアン 千の惑星の救世主
  • ダンガル きっと、つよくなる
  • ディープ・ブルー2

新作コミック

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access