クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

中村倫也&木下晴香、実写『アラジン』プレミアム吹替版で歌声披露

映画

  • twitter
  • facebook
(左から)プレミアム吹替版キャストの木下晴香、中村倫也
(左から)プレミアム吹替版キャストの木下晴香、中村倫也(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

関連 :

中村倫也

木下晴香

 俳優の中村倫也と女優の木下晴香が、ディズニーの名作アニメを実写映画化した『アラジン』のプレミアム吹替版で声優を務めることが決定した。中村は主人公のアラジンを、木下はアラジンと恋に落ちる王女ジャスミンを担当する。

【写真】『アラジン』プレミアム吹替を担当する木下晴香&中村倫也

 本作は、本当の自分の居場所を探す貧しいアラジン(メナ・マスード)と王宮の外の世界での自由を求める美しい王女ジャスミン(ナオミ・スコット)の身分違いの恋、そして3つの願いを叶える魔法のランプを巡る壮大な冒険を描くエンタテイメント作品。1992年に公開されたアニメ映画版は、同年の世界興行収入1位を記録している。

 実写版『アラジン』は、台詞だけでなく歌まで完全に吹替を行うプレミアム吹替版も公開。このプレミアム吹替版では、ランプの魔人ジーニー役を、アニメ映画版でも同役を演じた声優の山寺宏一が務めることがすでに発表されている。

 今回オーディションを見事突破し、大役を獲得した中村と木下。起用の大きなポイントとなったのは、その演技力と歌唱力、主題歌「ホール・ニュー・ワールド」の歌声だったという。

 「ホール・ニュー・ワールド」が流れる劇中シーンについて中村は「自分が携わる仕事で、感じたことのない感動がありました。小さい頃から知っている名曲に自分が歌って吹き込んで完成版を観たとき、珍しく鳥肌が立ちましたね」と振り返る。続けて「アラジンはジャスミンを誘って一緒にいろんな世界を見て回ろうよという、優しさと強さ、ちょっとした強引さがありながら素敵な体験をさせてあげる…そういう幸せな気持ちやキラキラした感情がいっぱいのシーンになればいいなと思って吹替えをしました」とアフレコに込めた思いを語った。

 これまでミュージカル女優として活躍し、初めての吹替が『アラジン』となった木下は「すごく嬉しいです。数あるディズニーの作品の中でも本当に大好きな作品の一つで、まだどこか信じられていない自分がいるのに、ここにいるこの状態…」とコメント。続けて『アラジン』のテーマとなる“願い”にかけて、「思い続ければ願いは叶う!」と喜びを爆発させた。

 映画『アラジン』は6月7日より全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv