クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

夏帆、主演作は「夏帆100じゃん」 等身大の自分に落ち込む

映画

  • twitter
  • facebook
(左から)『ブルーアワーにぶっ飛ばす』完成披露プレミア上映会イベントに登場した渡辺大知、夏帆、シム・ウンギョン
(左から)『ブルーアワーにぶっ飛ばす』完成披露プレミア上映会イベントに登場した渡辺大知、夏帆、シム・ウンギョン クランクイン!

関連 :

夏帆

シム・ウンギョン

渡辺大知

黒田大輔

でんでん

箱田優子

 女優の夏帆が30日、都内で行われた映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』完成披露プレミア上映会イベントに出席。主演を務めた同作について「夏帆100じゃん」と等身大の自分が収められていることを明かした。

【写真】透け感ある涼やかな衣装で登場した夏帆

 病気の祖母を見舞うために大嫌いな地元・茨城へ帰ることになった30歳のCMディレクター・砂田(夏帆)と、砂田の“秘密の友達”で自由奔放な清浦(シム・ウンギョン)。いつものようにたわいもない会話をしながら茨城へ向かう二人だが、実は清浦がついてくるのには理由があった──。

 イベントには主演の夏帆のほか、共演のシム・ウンギョン、渡辺大知、黒田大輔、でんでんと箱田優子監督が出席した。

 砂田を「やりたかった役」だという夏帆は、その理由を聞かれると「砂田の葛藤や時間に対しての向き合い方だったり、過去の自分に対して思うことだったりが、撮影時27歳だった自分と重なるところがありました。10代の頃から仕事をしてきて、今の私をぶつけられる役をやってみたいところでこの役をいただけてありがたいと思っているところです」と回答。作品を観た感想は「等身大の私を収めていただいたので『今の私はこれかー』って、正直初見は落ち込んだんですけど、残していただけたのは幸せなことだと思いますし、今の私でしか演じられない役だったなと思います」と打ち明けた。

 さらに箱田監督の「夏帆100%でやってもらっているので、今まで観てない夏帆ちゃんが観られる」との言葉には「そうですよ。だから落ち込んだんですよ。夏帆100じゃんって」とこぼし、笑いを誘った。

 一方、シムは「暑さに圧倒されました。一生分の汗が出た」と撮影の過酷さを回顧。続けて「食べられないものがありましたが、頑張ってこの作品のために食べたのでぜひ楽しんでください」と見どころをアピールした。

 渡辺は「初日に助監督の方がぎっくり腰になって立てないとき、夏帆さんがスッと整体師の方を呼んでくれて」と夏帆の活躍を報告。当時の心境について「初日から立てない人とかいて大丈夫かなと思ったんですけど、この方が主演だったら大丈夫だなと思いました」と振り返り、夏帆を称賛した。

 イベント終盤には、タイトルの“ぶっ飛ばす”にちなんだパンチングマシーンが登場。「この映画が公開するのが寂しい!!」と拳を振り切った夏帆は「撮影が終わってからもどういう風に宣伝していこうかとずっと考えていたので、公開日が近づいているのがうれしくもあり寂しくもある複雑な心境です」と心境を口にした。

 映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は10月11日より全国ロードショー。

この記事の写真を見る

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv