クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『時効警察はじめました』趣里の“怪演”に絶賛の声

エンタメ

  • twitter
  • facebook
金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』第5話場面写真
金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』第5話場面写真(C)テレビ朝日

 オダギリジョーが主演を務めるドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第5話が15日に放送され、ゲストの趣里の“怪演”が「狂気じみた役やらせたら天下一品」「表情コロコロ変わってスゴイ女優さん」「底力を見た」などと話題になっている。

【写真】しかめっ面…! 趣里の“怪演”っぷりが話題になった『時効警察はじめました』第5話フォトギャラリー

 彩雲(吉岡里帆)がSNS上で「親友」となった夏歩(趣里)は、彩雲が刑事と知ると、「私の父は『ラジオお笑い芸人殺人事件』で殺されたお笑い芸人・村瀬ベルギーワッフル」「実は私は犯人を知っています」と明かす。1994年の事件当時、マニアの間では大人気だった村瀬(水川かたまり)とその相方の栗原くりごはん(鈴木もぐら)のラジオの生放送中に村瀬は死亡。極度のアレルギー体質だった村瀬の死因はアナフィラキシーショックで、胃の中からはソバの成分が検出されていた。当時コンビ仲が悪く、ラジオの生放送中に唯一ラジオブースの中にいた栗原に話を聞きたいと思った霧山(オダギリ)は、栗原の楽屋を訪問するのだが、そこに彩雲と夏歩も現れて…。

 視聴者からの反響が大きかったのが、夏歩役・趣里の「百面相」っぷりについて。彩雲との初対面のシーンでは「かわいい~!」を連発するイマドキ女子と思いきや、栗原の楽屋では鬼の形相で「つまんねぇー!! てめぇで一度も笑ったことねぇし!」と啖呵(たんか)を切る。ラストシーンで犯人の栗原を霧山が追い詰める場面では、父の遺留品であるラムネケースを大事そうに胸に抱きかかえたり、今まで所在不明だった村瀬の書いた「ネタ帳」を手にした際には何とも言えない愛おしそうな表情でページをめくる。霧山がおなじみの「誰にも言いませんよカード」を出すくだりでは、犯人を憎む気持ちから「こんなの渡したくない! 世間に広めてやりたい!!」と絶叫。しかし栗原の楽屋に置かれたマッサージチェアに死んだはずの父の姿を見つけると、大粒の涙を流しながら無理に笑顔を作るのだった。

 ネット上では、「趣里さん、狂気じみた役やらせたら天下一品だな」「趣里ちゃんの底力を見た今夜の巻!」「趣里ちゃん、可愛らしいと思って見てたら、突然、キャラ変わっちゃったりして、びっくり!」「あんなボロボロ泣いて、表情コロコロ変わって、スゴイ女優さんだ」など、その演技力を絶賛する書き込みが相次いでいる。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access