クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

松たか子、アカデミー賞授賞式で日本人初歌唱「みなさんの力にとても感謝」 レッドカーペットには着物姿で登場

映画

  • twitter
  • facebook
第92回アカデミー賞授賞式で披露された、『アナと雪の女王2』より「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」
第92回アカデミー賞授賞式で披露された、『アナと雪の女王2』より「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」 Terekah Najuwan/(C)A.M.P.A.S.

 日本時間2月10日に第92回アカデミー賞授賞式が行われ、女優の松たか子が、『アナと雪の女王2』で歌曲賞にノミネートされた主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」を熱唱した。

【写真】ピンクベージュのドレス姿の松たか子、アカデミー賞授賞式で熱唱!

 パフォーマンスに登場したのは、英語版の声優を務め、ブロードウェイミュージカル女優として世界中にファンを持つイディナ・メンゼル。そして日本から高いパフォーマンス力が評価されUS本社直々のオファーを受けた松をはじめ、デンマーク、ドイツ、ラテンアメリカ、ノルウェイ、ポーランド、ロシア、スペイン、タイの9の国と地域のエルサ役キャストたち。日本人がアカデミー賞授賞式で歌唱するのは初めてのこと。また松が人前で「イントゥ・ジ・アンノウン」を披露するのも今回が初めてとなった。

 アカデミー賞授賞式という大舞台を前に参加したレッドカーペットでは、以前に家族が松のためにあつらえたという帯と疋田総絞りの上品な着物で世界各国のエルサ役と共に登場。さらに「イントゥ・ジ・アンノウン」のパフォーマンスでは着物から一転、ジミーチュウのハイヒール、ピアジェのジュエリーにピンクベージュのヴァレンティノの華やかなドレス姿で登場した。

 本作の世界観をモチーフにしたステージに、リラックスした穏やかな表情を見せ、センターのイディナのパートから始まり、その隣に立つ松が各国のエルサ役のキャストのトップバッターとして歌唱。リレー形式で「イントゥ・ジ・アンノウン」を披露した。

 歌唱直後の松は、「他の国のエルサやイディナたちとステージで歌うことができて、とても楽しかった」と興奮冷めやらぬ様子で語り、今回のパフォーマンスについて、「予想をはるかに軽々超えた機会を与えてもらいました。オリジナルのエルサを演じたイディナはもちろん、各国のエルサと会えることが凄く楽しみでした。同じく皆がエルサのセリフを言い、歌を歌ってきた人たちなので、私は日本版のエルサというシンプルな気持ちで、行くしかないかなという思いでした。到着してから、レッドカーペットに行くギリギリまでサウンドチェックして、とても充実感のある数日であっという間でしたけど、とても楽しかったです」と、このオファーを受けてから授賞式までの想いを話した。

 さらに日本のファンに向けて、「私が今日このステージで歌えたのは、日本でこの作品を観て愛してくれた人たちの力も非常に大きかったと思います。日本での盛り上がりが認められて、“おいで”と言ってもらえたんだと思いますので、みなさんの力にとても感謝しています。日本ではまだ公開中なので、このアカデミー賞授賞式を観て気分が高まったら、ぜひ劇場に足を運んでほしい」と感謝の気持ちを語った。

(C)2019 Walt Disney Records

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv