クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

長澤まさみ、初共演の阿部サダヲは「なんでもできるスーパーマン」

映画

  • twitter
  • facebook
映画『MOTHER マザー』完成披露舞台あいさつに登場した長澤まさみ
映画『MOTHER マザー』完成披露舞台あいさつに登場した長澤まさみ クランクイン!

関連 :

長澤まさみ

阿部サダヲ

奥平大兼

大森立嗣

 女優の長澤まさみが15日、都内で行われた映画『MOTHER マザー』完成披露舞台あいさつに阿部サダヲ、奥平大兼、大森立嗣監督とともに出席。初共演した阿部について「スーパーマンという感じ」と印象を語った。

【写真】『MOTHER マザー』主演の長澤まさみ、久しぶりの舞台あいさつでニッコリ

 本作は、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、新たな物語として映画化。長澤が自堕落で奔放な母親・秋子を演じ、社会の闇へ落ちていく役に挑戦する。内縁の夫・遼を阿部サダヲ、息子の周平を奥平大兼が演じる。

 長澤は「久しぶりの公の場ということで、嬉しい気持ちです」と笑顔。続けて、同作について「もしかしたら今年公開できないんじゃないかな、というくらいに思っていたので、たくさんの方に待ってていてもらっているというのも実感していた作品なので、こんな時期ですがぜひ映画館で見ていただけたらなと思っています」とアピールした。

 また阿部は「カメラの音も久しぶりで、人と会うのって本当にいいなと。ここから見える景色を一生忘れないと思いますね」としみじみ。自粛期間の過ごし方について聞かれると「おいしいラーメンの作り方とか勉強してましたね」と告白。しかし、MCが「料理の腕は上がったんですか?」と尋ねると、「続かないんですよ」としどろもどろ。「(物事が)続くタイプじゃないなっていうのがわかりました。漫画も『鬼滅の刃』が4巻で止まってますし、芝居が一番好きだなって思いました」と笑いを誘った。

 一方、長澤は「映画見たりドラマ見たり、料理もしました。わりとみなさんがやっていたことと変わらないと思います」と回答。出演を決めた理由については「私自身も母から受けた影響ってとても大きいなと感じるところがありまして。親が子を作るということをすごく考えさせられました。台本を読んだ時に人ごとに感じなかったので、演じてみたいと思いました」と語った。

 さらに、初共演する阿部に対しては「いつか共演してみたいと思っていた1人。夢がかなって嬉しかったです」と歓喜。阿部の印象を「なんでもできるスーパーマンという感じ」と話したところで、阿部が奥平を指さし「若い俳優が笑ってるけど」と指摘した。奥平は「いいお父さんというイメージがあるので、スーパーマンといわれるとちょっと違うかな」と首をかしげ、長澤は「すみません(笑)」と苦笑していた。

映画『MOTHER マザー』は7月3日より全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access