クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

石原さとみの目に大粒の涙 『アンサング・シンデレラ』撮了に万感の思い

エンタメ

  • twitter
  • facebook
木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』クランクアップを迎えた石原さとみ
木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』クランクアップを迎えた石原さとみ(C)フジテレビ

関連 :

石原さとみ

真矢ミキ

西野七瀬

 ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の約半年間に及ぶ撮影がこのほどオールアップ。同時に、チームをけん引し続けた主演の石原さとみがクランクアップを迎え、こみ上げる万感の思いに時折声を詰まらせながら、スタッフ、キャストへの感謝の思いを語った。

【写真】田中圭、『アンサング・シンデレラ』クランクアップ 石原さとみと笑顔の2ショット

 本作は、石原演じる萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、個性的かつ芯の強い薬剤部のメンバーたちと共に、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いてきた。

 座長として常に現場スタッフ、キャストのことを考え、さりげない優しさと心遣いで全員の気持ちを一つに束ねてきた石原。そんな石原へ感謝の気持ちを込め、スタッフからねぎらいの大きな拍手が贈られた。鳴りやまない拍手喝采の中、石原の前にサプライズで登場したのは、半年間苦楽を共にしてきた真矢ミキと西野七瀬。「え? なんで!?」と驚きを隠せない石原に、2人から大きな花束とねぎらいの言葉が贈られ、真矢と西野の顔を見るなり、喜びと安堵(あんど)の思いから石原の目には大粒の涙が。

 時折声を詰まらせながら、石原は「半年間長かったようで、終わってみればあっという間だった気もします。すごくいい現場でした。本当にいい現場でした。皆さん優しくて、温かくて、明るくて、面白くて。心地が良くてストレスも無く、“なんて風通しがいい現場なんだろう”っていつも思っていました」と、スタッフ、キャストに感謝した。

 コロナ禍による撮影中断も余儀なくされた本作。石原は「大変なこともありましたけど、心が折れそうなこともありましたけど、全てのことに意味があると思って、意味を作っていかなければいけないと鼓舞して頑張ってきました。そう思えたのは、プロデューサー、ディレクターをはじめ、ここにいる皆さんのおかげです。ここにいるみんなと、そして、ここにいない、ドラマに関わったすべてのアンサングヒーロー、アンサングシンデレラに心の底から感謝しています」と話した。

 さらに、「葵みどりという病院薬剤師を演じることで、励ますことや寄り添うことの意味を学ぶことができました。『アンサング・シンデレラ』は私の中でかけがえのない作品になりました」と本作への思いを語った。

 木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』最終話は、フジテレビ系にて9月24日22時放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access