クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『クワイエット・プレイス』スピンオフ始動 ジョン・クラシンスキーは製作を担当

映画

  • twitter
  • facebook
ジョン・クラシンスキー
ジョン・クラシンスキー(C)AFLO

 俳優のジョン・クラシンスキーが監督・出演した大ヒットホラー映画『クワイエット・プレイス』のスピンオフ映画が制作されることになり、クラシンスキーがマイケル・ベイと共に製作を担当することが明らかになった。

【動画】“何か”がやってきた<1日目>も『クワイエット・プレイス』続編予告

 The Holywood Reporterによると、新作はスピンオフとなり、第1弾と第2弾を手掛けたクラシンスキーの原案を基に、『ラビング 愛という名前のふたり』や『MUD ‐マッド‐』のジェフ・ニコルズが脚本・監督を務めるという。ニコルズは、マイケル・シャノン主演の『テイク・シェルター』で、スリラーも手掛けている。

 クラシンスキーは今回、オリジナルで製作を務めたベイやアンドリュー・フォーム、ブラッドリー・フラーと共にプロデューサーにまわるとのこと。

 2018年に公開された『クワイエット・プレイス』は、音に反応して人間を襲う“何か”によって荒廃した世界を舞台にしたサスペンスホラー。「音を立てたら、即死」というキャッチコピーで日本でもヒットし、全世界で3億4000万ドル以上(約354億円)の興行収入を記録する大ヒットとなった。

 第2弾となる続編『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』は、クラシンスキーが再び監督を務める。主演のエミリー・ブラントほか、ミリセント・シモンズとノア・ジュプが続投し、新たにキリアン・マーフィー、ジャイモン・フンスーが出演。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、当初2020年3月20日だった全米公開予定を2021年4月23日に延期している。日本での公開は2021年予定。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access