クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ハロプロオタク演じる松坂桃李、あやや「桃色片想い」MV観て涙 『あの頃。』予告編解禁

映画

 俳優の松坂桃李が主演を務める映画『あの頃。』が来年2月19日から公開されることが発表され、予告編とポスタービジュアルも解禁された。

【動画】松坂桃李が“あやや”推し&仲野太賀が“ミキティ”推し 映画『あの頃。』予告編

 本作は、神聖かまってちゃんの元マネジャー・劔樹人によるハロプロ愛と大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた自伝的青春コミックエッセー『あの頃。男子かしまし物語』(イースト・プレス)を実写化。

 松坂がハロプロオタクの主人公を演じ、松坂とは初タッグとなる今泉力哉監督がメガホンをとる。脚本は映画『南瓜とマヨネーズ』『素敵なダイナマイトスキャンダル』などで監督・脚本を務めた冨永昌敬。

 剱のオタク仲間役には、個性豊かなキャストが集結。藤本美貴の魅力を熱く語る、プライドが高くてひねくれ者のコズミン役には仲野太賀。石川梨華推しでリーダー格のロビ役に山中崇。痛車や自作のオタグッズを制作する西野役に若葉竜也。CDショップの店員で、劔がオタク仲間と出会うきっかけを作るナカウチ役に芹澤興人。ハロプロ全般を推すイトウ役に、本作が映画初出演となるお笑いコンビ・ロッチのコカドケンタロウ。そのほか、大下ヒロト、木口健太、中田青渚、片山友希、西田尚美らが脇を固める。

 大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、地獄のようなバンド活動もうまくいかず、どん底の生活を送っていた劔(松坂)。ある日、松浦亜弥のMVを見たことをきっかけに、ハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、オタ活にのめり込んでいく。そして剱は藤本美貴の魅力を熱く語るコズミンをはじめとした個性的なオタク仲間と出会い、学園祭でのハロプロの啓蒙活動やトークイベント、また「恋愛研究会。」というバンドを結成しライブ活動を行うなど、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する。しかし時は流れ、仲間たちはハロプロのアイドルとおなじくらい大切なものを見つけて次第に離れ離れになり…。

 予告編は、松坂演じる剱が「いつも見てます、ずっと好きです、ずっと応援してます」とただならぬ表情で迫ってくる衝撃的なカットからスタート。続いて、うだつの上がらない日々を過ごしていた劔が、ひょんなことから松浦亜弥の「桃色片想い」のMVを目にする場面に。思わず弁当を食べていた箸を止め、心を奪われ食い入るようにブラウン管を見つめる劔。次第に、その瞳には涙が溢れ出すという、まさに雷に打たれたような“推し”との出会いのシーンとなっている。

 映像ではそのほか、仲野演じるコズミンが神妙な面持ちで「藤本(美貴)さんのルックスは素晴らしい」と褒め称える姿や、劔が「あややはスターなんだから、いつも松浦亜弥なのが当たり前じゃないですか」と真顔で熱弁する姿など、彼らの“推し”への溢れ出す愛を感じさせるシーンも。中盤からは、モーニング娘。のヒット曲「ザ☆ピ〜ス」が流れる中、仲間たち6人が銭湯でワイワイと過ごしたり、イタズラをし合ったり、気になる女の子と出会う姿などが映し出されており、彼らが遅れてきた青春を全力で謳歌する様子が垣間見える予告編となっている。

 ポスタービジュアルは、「恋愛研究会。」と描かれたキャップを被った“ハロヲタ”の剱(松坂)が真顔で前を見つめる姿を切り取ったもの。下部には仲間たちと肩を組む笑顔の写真や、彼らの“推しと過ごした青春の日々”を切り取った写真が配置され、横には「“推し”に出会って“仲間”ができた。」というキャッチコピーも添えられている

 映画『あの頃。』は2021年2月19日より全国公開。

松坂桃李主演 映画『あの頃。』予告編
松坂桃李主演 映画『あの頃。』30秒予告編

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access