クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

三浦翔平、三浦春馬さん最後の主演作公開に「春馬と共にここにいます」

映画

  • twitter
  • facebook
映画『天外者』公開記念舞台挨拶の様子 (左から)田中光敏監督、森川葵、森永悠希、三浦翔平、蓮佛美沙子、筒井真理子
映画『天外者』公開記念舞台挨拶の様子 (左から)田中光敏監督、森川葵、森永悠希、三浦翔平、蓮佛美沙子、筒井真理子 クランクイン!

関連 :

三浦翔平

森永悠希

森川葵

蓮佛美沙子

筒井真理子

田中光敏

 俳優の三浦翔平が12日、都内で行われた映画『天外者』公開記念舞台挨拶に出席。「やっと幕を開けることができました。春馬と共にここにいます」と熱い思いをしみじみと語った。イベントには森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子、筒井真理子、田中光敏監督も登壇した。

【写真】中央に三浦春馬さんのスペースを空けてフォトセッション 『天外者』公開記念舞台挨拶の模様

 幕末から明治初期の激動の時代、圧倒的な熱量で日本の未来のために駆け抜けた五代友厚(三浦春馬さん)と、その仲間たちの青春を描いた本作。

 三浦は五代の盟友・坂本龍馬を演じているが「正式なオファーが来る前、春馬とご飯を食べに行ったとき『翔平に龍馬をやって欲しいんだよね』と言われたんです」と明かすと「現場でセリフ合わせができないとき、サーフィンに行く車の中や、電話で読み合わせしてくれたんです」と思い出話を披露した。

 三浦の話を聞いていた蓮佛も「私も正式にお話をいただだく前に、食事に行ったときおもむろに企画書を取り出して『やらない?』って誘っていただいたんです。高校の同級生でもあり、そうやって声を掛けてもらえたことは、めちゃくちゃ嬉しかった」と笑顔を見せると、三浦演じる五代の母親役を演じた筒井は、春馬さんとの現場でのエピソードに涙するシーンも。

 そんな春馬さんに、田中監督は「とにかくまっすぐでいい男なんです。これぞ座長という人でした」と称賛を送ると、三浦は「彼は自分のことよりも共演者やスタッフを大切にしている人。常に周囲のことを考えている男。座長としてもそうですが、人として本当に素晴らしい男です」としみじみと語っていた。

 春馬さんは完成した作品を鑑賞できなかったという田中監督。しかしアフレコの際、映像の一部を観ると「あのとき僕頑張ったんですよ」と涙を浮かべて話していたというエピソードを明かすと、三浦は「映画公開に春馬は誰よりも喜び、誰よりも悔やんでいるかもしれませんね。でもたぶん、さわやかな笑顔で『ありがとう』って言っていると思います」と春馬さんの気持ちを慮った。

 最後に三浦は「映画を観終わった後、寂しい気持ちや悲しい気持ちになると思います。泣いていいと思います。でもネガティブな気持ちに引っ張られないで」と客席に呼びかけると「春馬はこの映画をものすごい熱量で引っ張ってくれました。その思いを受け取って、今日という日を、明日を一生懸命生きてください」とメッセージを伝えた。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv