クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

坂口健太郎、初のパイロット役に 広瀬すず主演『エアガール』出演

エンタメ

  • twitter
  • facebook
スペシャルドラマ『エアガール』での坂口健太郎と主演の広瀬すず
スペシャルドラマ『エアガール』での坂口健太郎と主演の広瀬すず(C)テレビ朝日

関連 :

広瀬すず

坂口健太郎

 俳優の坂口健太郎が、戦後初のCA(キャビンアテンダント)=“エアガール”誕生を描く広瀬すず主演スペシャルドラマ『エアガール』(テレビ朝日系/2021年春)に出演することがわかった。坂口は初のパイロット役で、広瀬を支える青年を演じる。

【写真】『エアガール』広瀬すず&坂口健太郎

 本作は、史実をベースに、昭和の“大和ナデシコ”たちがこぞって憧れた最先端職業“エアガール”たちの挑戦を描くお仕事ドラマ。広瀬は、パイロットを夢見ながらも「空を飛んでみたい!」という一心で“エアガール”という超人気職業に挑んだ主人公の女性・佐野小鞠役を演じる。広瀬はテレビ朝日ドラマ初主演、CA役初挑戦を果たす。

 第二次世界大戦で敗戦国となり、GHQにより航空関係の活動を一切禁止されていた時代。家族を戦争で失った佐野小鞠(広瀬)は、戦後初の日本の航空会社“日本民間航空”がエアガールを募集していると知り、飛行機の仕事に関わりたい一心で応募を決意する。最先端の超人気職のエアガールになるため、とんでもない倍率の試験を数々のピンチを乗り越え何とか合格した小鞠。だが、入社式からわずか1週間後、あわただしく試験飛行に臨むこととなり…。

 坂口が演じる三島優輝は、パイロットになるという夢を抱きながら、戦後初の日本の航空会社設立に奔走する青年。広瀬演じる小鞠にエアガールという仕事を教え、彼女を“空”の世界へといざなう、とても重要な役どころとなる。

 これまで同じ映画作品に名を連ねたことはあるものの、同じシーンに出演したことがなく、本格的な共演は今回が初めてとなる広瀬と坂口。坂口は、「大変なシーンや張り詰めたシーンなどがあっても、カットがかかるとニコニコされているし、風通しがいいというか、現場全体にいい風を運ぶ女優さんだなって思いました」と、広瀬について絶賛。

 そして、「2人の間に恋を感じる場面もあるのですが、彼女はエアガールとして、僕は日本の航空会社設立に奮闘する一員として、同志みたいなところもあって…。この時代背景の中、素直に思いを告げられない2人のシーンは演じていて、とても美しい瞬間だと思いました」と語り、「今、自分たちが当たり前に使っている飛行機の礎を築いた方たちのことを、僕もこの作品と出会って改めて知りました。日本の空を取り戻すために奮闘していた人たちの思いや生き様を、少しでも感じていただけたらと思います」とメッセージを寄せている。

 スペシャルドラマ『エアガール』はテレビ朝日系にて2021年春放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access