クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

門脇麦&水原希子「鳥肌がたった」「かっこよかった」 『あのこは貴族』撮影秘話を明かす

映画

  • twitter
  • facebook
(左から)映画『あのこは貴族』の水原希子、門脇麦
(左から)映画『あのこは貴族』の水原希子、門脇麦(C)山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

関連 :

門脇麦

水原希子

岨手由貴子

 女優の門脇麦が主演し、共演に水原希子を迎える映画『あのこは貴族』より、門脇と水原が作品への思いや演じた役柄について語る特別映像が解禁された。

【動画】門脇麦&水原希子が語る、映画『あのこは貴族』撮影秘話

 本作は、山内マリコの同名小説を原作とする青春譚。東京の上流階級に生まれ育った「箱入り娘」の華子と、猛勉強して入った名門大学を家庭の事情で中退した「上京組」の美紀。都会の異なる環境を生きる2人の女性の人生が交錯し、それぞれ恋愛や結婚だけではない人生を切り拓いていく姿を鮮やかに描く。門脇が、都会に生まれ、婚活に余念がない箱入り娘の榛原華子役で主演を務め、水原は地方から上京し、自力で都会を生き抜く時岡美紀役で共演する。メガホンを取るのは、初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子監督。

 今回解禁されたのは、華子役の門脇と美紀役の水原が、作品への思いや自身が演じた役柄、撮影時の様子について語る特別映像。主演として現場を牽引した門脇は、本作について「今までになかったガールズムービーになる。女の子2人の映画って、世界中でも今までもたくさん作られてきてるけど、お互いバラバラに一歩一歩歩む、そういう映画は見たことが無かったから『いいぞっ!』って思いましたね」と内容に自信をのぞかせる。

 劇中で少ないセリフと控えめな表現で箱入り娘の華子を見事に体現した門脇は、結婚イコール幸せであると信じ、家族や家柄といった狭い世界の価値観から抜け出せずにいる華子について「自分が“これをしたい”と決断することによって、家族が傷ついたり、裏切ってしまった、ということもあるからレールを踏み外せない」と分析。また、撮影現場では「台本を更新していく喜びがすごくあった」と振り返っている。

 一方水原は、自身が演じた美紀を「挫折を繰り返しながらも、自分の居場所を一生懸命見つけて強く生きていく女性」と説明。また門脇同様、撮影現場で台本や物語が進化していくのを肌で感じていたようで「実際やってみて、(台本より)もっと膨らむ感じはあったよね」とコメント。その言葉を裏付けるように、映像では岨手監督と念入りに話し込む門脇と水原の姿も映し出されている。

 それぞれ異なる持ち味を持つ女優2人の個性が静かに交わる共演シーンは、本作の大きな見どころ。門脇は水原の演技について「凄いって思ったのが、(美紀の演技で見せた)希子ちゃんの退き際ってめちゃくちゃ凄くて。さっと居なくなったの。本当に鳥肌がたった」と称賛。それに対し水原は「嬉しい」とにっこり。そして門脇に「麦ちゃんは、(撮影現場で)かっこよかった。本当に」と語りかけ、互いを称え合っていた。

 映画『あのこは貴族』は2月26日より全国公開。

門脇麦×水原希子が語る、映画『あのこは貴族』撮影秘話

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access