クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
佐藤隆太

佐藤隆太
出身地:東京都
生年月日:1980/2/27

佐藤隆太 出演映画作品

  • 映画 THE3名様Ω~これってフツーに事件じゃね?!~

    映画 THE3名様Ω~これってフツーに事件じゃね?!~

    制作年:2024年8月30日(金)公開

    石原まこちんの原作漫画を基に、2005年からスタートしたコメディドラマ『THE3名様』の映画化・第2弾。深夜のファミリーレストランに集まっていたフリーター3人組が、夜空に閃光が走るのを目撃し、そこへ招かれざる客が現われ危機に陥る。監督は森谷雄。主演は佐藤隆太、岡田義徳、塚本高史。共演は小林大介、桃月なしこ、安藤玉恵ら。

  • シャイロックの子供たち

    シャイロックの子供たち

    制作年:2023年2月17日(金)公開

    ベストセラー作家・池井戸潤の同名小説を、阿部サダヲ主演で映画化。東京のとある銀行支店を舞台に、同じ銀行で働く個性豊かな行員たちが支店で発生した現金紛失事件の真相に迫る。原作とは異なる完全オリジナルストーリーで展開される。監督は『空飛ぶタイヤ』の本木克英。共演は上戸彩、玉森裕太、柳葉敏郎、杉本哲太、橋爪功、佐々木蔵之介ら。

  • あの庭の扉をあけたとき

    あの庭の扉をあけたとき

    制作年:2022年10月28日(金)公開

    絵本『100万回生きたねこ』の著者・佐野洋子の同名童話をファンタジー映画化。散歩道にある廃虚に引っ越して来たおばあさんの記憶を、病気で臥せった事をきっかけに5歳の少女がひとつずつ開いていく、不思議な冒険を描く。監督の蜂須賀健太郎が福島県をメインに撮影を行った。出演は加藤柚凪、松坂慶子、坂川陽香、佐藤隆太、酒井若菜ら。

  • 鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成

    鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成

    制作年:2022年6月24日(金)公開

    2021年に連載20周年を迎えた、荒川弘による人気漫画を実写化した、ダークファンタジー完結編の第2部。エドとアルたちが、ホムンクルスを生み出し、すべてを無に帰そうとする“お父様”との最終決戦にのぞむ様を描く。監督は、曽利文彦。山田涼介が主演を務め、内野聖陽、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多らが共演する。

  • 鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー

    鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー

    制作年:2022年5月20日(金)公開

    荒川弘による人気漫画『鋼の錬金術師』が、2021年に連載20周年を迎えたことを記念して製作された2部作の実写映画のうちの第1部。エドたちと、国家錬金術師の全滅を目論む“傷の男”との死闘が描かれる。監督を務めたのは、曽利文彦。主演に山田涼介を迎える他、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、黒島結菜らが共演する。

  • THE3名様 ~リモートだけじゃ無理じゃね?~

    THE3名様 ~リモートだけじゃ無理じゃね?~

    制作年:2022年4月8日(金)公開

    石原まこちんの同名漫画を基に、実写ドラマ化し人気を博した『THE3 名様』が12年ぶりに復活し、劇場公開する。深夜のファミリーレストランを舞台に、フリーター3人が、脱力感のある会話を繰り広げる様を描く。監督を務めたのは、森谷雄。主演は佐藤隆太、岡田義徳、塚本高史が務める他、小林大介、桃月なしこ、安藤玉恵らが共演する。

  • 僕と彼女とラリーと

    僕と彼女とラリーと

    制作年:2021年10月1日(金)公開

    『レディ・プレイヤー1』の森崎ウィンが主演を務める人間ドラマ。2021年11月、FIA世界ラリー選手権の開催地となる愛知県豊田市と岐阜県恵那市を舞台に、若者のチャレンジと葛藤を描く。監督は『今日も嫌がらせ弁当』の塚本連平が務め、森崎演じる主人公を支えるヒロインは深川麻衣が演じた。豊田市出身の加藤ミリヤが主題歌を担当。

  • いつくしみふかき

    いつくしみふかき

    制作年:2020年6月19日(金)公開

    劇団チキンハート主宰の遠山雄が知人とその父親の実話を基に企画して作り上げた笑えて泣ける親子の物語。問題ばかり起こす父と父を知らずに育った息子が、ひょんなことから再会するも互いに実の親子だと知らぬまま共同生活を始める様を描く。多くのTVドラマや映画に出演する渡辺いっけいが、遠山雄と共にW主演を、大山晃一郎が監督を務めた、

  • 阪神タイガース THE MOVIE~猛虎神話集~

    阪神タイガース THE MOVIE~猛虎神話集~

    制作年:2020年2月14日(金)公開

    2020年、球団創設85周年のメモリアルイヤーを迎える“阪神タイガース“初の公式ドキュメンタリー。50年に渡るサンテレビの中継素材を中心に構成され、江夏豊の史上初の延長ノーヒットノーランをはじめとする伝説の試合など、球団のこれまでの軌跡をたどる。熱狂的な虎ファンの代表として石坂浩二、佐藤隆太、松村邦洋、千秋などが出演。

  • 今日も嫌がらせ弁当

    今日も嫌がらせ弁当

    制作年:2019年6月28日(金)公開

    Amebaブログの“デイリー総合ランキング”で1位となったブログを基に書籍化したエッセイをオリジナルストーリーで映画化した家族ドラマ。シングルマザーの母親が、反抗期の娘に仕返しするためにキャラ弁を作る様を通じて、母娘の愛情を描きだす。主演の母娘に篠原涼子と芳根京子が扮するほか、佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太などが共演する。

  • 劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

    劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

    制作年:2019年6月21日(金)公開

    累計アクセス数が1000万を超え、すでに書籍化、ドラマ化もされている大人気ブログを基にした親子ドラマ。ずっとすれ違ってきた父親の本心を、正体を隠してプレイするオンラインゲームを通じて知ることになった息子の心情を描く。映画にドラマに大活躍の続く坂口健太郎と、ドラマ『おっさんずラブ』などの吉田鋼太郎がダブル主演を務める。

  • コンフィデンスマンJP

    コンフィデンスマンJP

    制作年:2019年5月17日(金)公開

    2018年4月から放送され、大好評を博したTVドラマの劇場版。抜群の頭脳と集中力を誇るダー子、彼女に振り回されがちな小心者のボクちゃん、一流の変装術を持つリチャードの詐欺師トリオが、海外ロケを敢行してスケールアップした映像世界で二転三転のコンゲームに挑む。TV版に続き、古沢良太が大胆なトリックを盛り込んだ脚本を執筆。

  • 輪違屋糸里 京女たちの幕末

    輪違屋糸里 京女たちの幕末

    制作年:2018年12月15日(土)公開

    TVドラマ『鬼平犯科帳』などの加島幹也が監督を務め、『壬生義士伝』に続いて新選組をテーマとした浅田次郎の小説を映画化した時代劇。16歳で芸奴となり、新選組と関わる人生を経ることで、太夫として成長を遂げていった輪違屋糸里の半生を描く。『ソロモンの偽証』の藤野涼子が主演を務めるほか、溝端淳平、松井玲奈、佐藤隆太らが共演する。

  • 鋼の錬金術師

    鋼の錬金術師

    制作年:2017年12月1日(金)公開

    全世界シリーズ累計発行部数7000万部を突破した荒川弘による大ヒット漫画を山田涼介主演で映画化。最愛の母を亡くした兄弟の波乱に満ちた冒険と成長の物語を描く。本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子ら豪華キャストの共演に加え、『タイタニック』でCGを手掛けた曽利文彦監督が生み出す“錬金術“を駆使したアクションシーンにも注目だ。

  • ひるなかの流星

    ひるなかの流星

    制作年:2017年3月24日(金)公開

    やまもり三香原作の大ヒット・コミックを、『俺物語!!』の永野芽郁を主演に迎えて映画化。『四月は君の嘘』の新城毅彦監督がメガホンを執り、東京の学校に転校してきた女子高生が、初めての恋を経験しながら成長していく姿を描く。ヒロインが恋心を抱く担任教師を三浦翔平、ヒロインに思いを寄せる無愛想なクラスメイトを白濱亜嵐が演じる。

  • TOKYO TRIBE

    TOKYO TRIBE

    制作年:2014年8月30日(土)公開

    『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』など注目作を発表し続ける園子温監督が、熱狂的な人気を誇る井上三太の同名コミックを映画化。近未来の都市“トーキョー“を舞台に、それぞれのトライブ(族)に所属し、暴力で街を支配しようとするストリートギャングたちの壮絶な抗争を描く。鈴木亮平と一般公募で選ばれたラッパーYOUNG DAISが出演する。

  • 悪夢ちゃん The 夢ovie

    制作年:2014年5月3日(土)公開

    2012年に放映され好評を博した、恩田陸の小説に基づく同名ドラマの劇場版。予知夢を見る小学生の少女と、夢の謎を読み解く女教師が、新たな事件に立ち向かう。北川景子やGACKT、木村真那月らTV版のキャストが再結集し、独創的でスリリングなドラマを織りなす。TV版からスケールアップしたキャラクター造型やCG描写も見逃せない。

  • キタキツネ物語-35周年リニューアル版-

    キタキツネ物語-35周年リニューアル版-

    制作年:2013年10月19日(土)公開

    北海道の過酷な大自然を生き抜くキタキツネたちの姿をドラマ仕立てで構成し、1978年に大ヒットを記録した動物ドキュメンタリー映画のリニューアル版が登場。約100時間分の撮影フィルムを検証、再編集し、ハリウッドのラボで高画質化。西田敏行、佐藤隆太らを声優に迎え、キツネ・ファミリーの勇気と家族愛を新たな感動とともに映し出す。

  • ツナグ

    ツナグ

    制作年:2012年10月6日(土)公開

    直木賞受賞作家・辻村深月の同名小説を『ROOKIES-卒業-』の平川雄一朗監督が映画化した人間ドラマ。死者と生者を再会させる“使者=ツナグ“の青年が、依頼をしてくる人々との出会いを経て、自身の役割や両親の死の真相を巡って葛藤する様を描く。松坂桃李が主演を務め、樹木希林が物語の重要なカギを握る主人公の祖母を演じている。

  • 天地明察

    天地明察

    制作年:2012年9月15日(土)公開

    2009年度のアカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』の滝田洋二郎監督が、第31回吉川英治文学新人賞、2010年本屋大賞に輝く冲方丁の時代小説『天地明察』を実写化。江戸時代に20数年を費やして日本独自の暦“大和暦”を作り上げた渋川春海の物語を、滝田監督の視点で再構成していく。出版社に直接連絡して映画化にこぎ着けた監督渾身の1作。

  • BRAVE HEARTS 海猿

    BRAVE HEARTS 海猿

    制作年:2012年7月13日(金)公開

    佐藤秀峰による人気漫画を基に、海上保安官たちが直面する海難事故の現場をダイナミックに描いたシリーズ第4弾がついに登場! 主人公である仙崎大輔はついに特救隊に配属され、ジャンボジェット事故にあたることになる。過酷な現場で常に前を見据え“プロフェッショナルとは何か“を模索し活躍する“海猿“たちの姿は、観る者の胸を熱くする!

  • 漫才ギャング

    制作年:2011年3月19日(土)公開

    初監督作『ドロップ』で大ヒットを飛ばした品川ヒロシが再び自身の小説を映像化。芸歴10年、売れない芸人の黒沢飛夫は、拘留所でドレット頭に刺青を入れた不良・鬼塚龍平に出会う。そこで龍平のツッコミの才能を見出した飛夫は、コンビ結成を決意し……。主演は佐藤隆太と上地雄輔。喧嘩や笑いでぶつかり合う、品川ならではの熱き友情物語だ。

  • おにいちゃんのハナビ

    制作年:2010年9月25日(土)公開

    新潟県小千谷市片貝町で毎年秋に開催される“片貝まつり“を背景にしたヒューマン・ドラマ。白血病を患って余命幾ばくもない少女と、彼女から生きる勇気を授かった兄。そんな兄妹の実話をベースにした感動的なストーリーが、美しい花火打ち上げシーンとともに語られていく。兄妹に扮した高良健吾、谷村美月の心のこもった演技も見どころだ。

  • THE LAST MESSAGE 海猿

    制作年:2010年9月18日(土)公開

    日本映画史上初めて海上保安庁が全面協力した海洋エンタメの続編。舞台は前作から2年後、海猿たちが奮闘する現場は、大型台風の進路に位置する、日・韓・露が共同開発する海洋油田だ。羽住英一郎監督と脚本家の福田靖が続投し、海中で猿のように敏捷に動くことから海猿と呼ばれる、海上保安官・仙崎大輔ら機動救難士の活躍と友情を描く。

  • 間宮兄弟

    制作年:2006年5月13日(土)公開

    森田芳光監督がデビュー作『の・ようなもの』のテイストに立ち返ったような映像文体で紡ぎ出す、江國香織小説の映画化作品。独身ふたり暮らしの仲良し兄弟が、3人の女性とともに繰り広げるエピソードの数々から“日常の幸せ”を描き出す。

  • LIMIT OF LOVE 海猿

    制作年:2006年5月6日(土)公開

    前作の大ヒット後、TVドラマ化もされた海洋アドベンチャーの劇場版第2作。潜水士として成長を遂げた主人公、仙崎大輔が、究極の試練に立ち向かう様を描出する。一触即発の火薬庫と化した大型フェリーでの救出劇がスリリングに展開していく。

  • まだまだあぶない刑事

    制作年:2005年10月22日(土)公開

    TV放映開始から20年近くを経て、今なおファンの強い支持を受ける刑事ドラマの劇場版シリーズ最新作。タカ&ユージのはみ出し刑事コンビが、今回は横浜を震撼させる核爆弾騒動に対峙する。舘ひろしと柴田恭兵のノリノリのかけあいはますます快調。スケールの大きなアクションも見どころだ。

  • ジャンプ

    制作年:2004年5月8日(土)公開

    佐藤正午のベストセラー小説を映画化したミステリー・タッチのラブ・ストーリー。ある日突然、恋人が姿を消した。果たして、彼女に何があったのか……? 恋人を探す男に映画初出演となる原田泰造が扮し、喪失感や苦悩など、複雑な心情をリアルに表現。失踪の理由をめぐる謎解きのスリルの中に、偶然の重なりによって変化する人生の不可思議さを描き出す。

  • 木更津キャッツアイ・日本シリーズ

    制作年:2003年11月1日(土)公開

    独特のユーモアで人気を博した宮藤官九郎脚本によるTVドラマの劇場版。木更津の元高校野球部の仲間5人はもちろん、おなじみの面々が勢揃い。氣志團のロックフェスティバル参加や、死んだはずのオジーの出現など、劇場版ならではの事件が続発。正体不明の男を演じる内村光良や、ぶっさんの恋の相手を務めるユンソナら、豪華な顔ぶれが脇を固めている。

  • あしたはきっと…

    制作年:2001年5月19日(土)公開

    「ときめきメモリアル」でデビューした吹石一恵が久々に映画に登場。時間のいたずらで同じ1日を3度過ごすことになる高校2年生の心情を、誠実でさわやかな映像の積み重ねで追う。

  • 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

    制作年:

    【これで見納め! 我らがキャッツに最後の時が!】 宮藤官九郎の脚本による人気シリーズの最終章。お馴染みキャッツの面々がまたも大騒動を巻き起こす。今回の物語も笑いのあふれるハイテンションなノリが健在。それでいてラストはホロリとくる場面も。いかなる結末を迎えるのか注目を。

  • ブース

    制作年:

    【深夜のラジオから呪いの声が!】 開局当時にアナウンサーが自殺したといういわくつきのDJブースを舞台にしたホラー。人気ディスクジョッキーを襲った、戦慄の超常現象をスリリングに描く。『ローレライ』やTV版『海猿〈ウミザル〉』などに出演するなど、活躍目覚しい若手実力派、佐藤隆太が狂気に陥る主人公を熱演。

  • ローレライ

    制作年:

    【日本の命運を握る一艘の潜水艦】 特撮監督として知られる樋口真嗣が初めてメガホンを握った、一艘の潜水艦を巡る戦争巨編。終戦間際、アメリカが日本に“第3の原爆“を投下しようとしていたという設定の下、謎の兵器を搭載した潜水艦の決死の攻防が描かれる。密閉感のある映像とドラマが、ダイナミックに映し出されていく。

  • 東京フレンズ The Movie

    制作年:

    【シンガーソングライター、大塚愛が映画初主演!】 「東京ラブストーリー」など数々の名作ドラマを手掛ける永山耕三監督の劇場映画デビュー作。地方から上京した若い女性の夢と希望、孤独と挫折を描き出す。人気シンガーの大塚愛が主演を務め、演技者としても豊かな才能を発揮している。

  • ダメジン

    制作年:

    【ダメダメな大人たちのトホホなひと夏】 『亀は意外と速く泳ぐ』で持ち前の笑いのセンスを炸裂させた三木聡監督の最新作。働きたくない男3人組のままならない日常が、小ネタのギャグ満載で描かれる。ワンポイントの出演だが先日急逝した岡田真澄の最期の演技が感慨深い。

  • ロック ~わんこの島~

    制作年:

    【子犬・ロックが健気に生きる感動の実話】 2000年8月、大噴火により全島民が避難することになった伊豆諸島の三宅島で、逃げ遅れてはぐれてしまった1匹の子犬・ロックを主人公にした感動の実話を映画化。TVドラマ『Dr.コトー診療所』の中江功監督が、佐藤隆太、麻生久美子、倍賞美津子ら実力派俳優陣を揃え、現代社会の中で失われつつある心と心のつながり、家族の在り方、故郷への想いを描く。

  • 7月24日通りのクリスマス

    制作年:

    【松子から一転、中谷美紀が地味なヒロインに!】 『電車男』を大ヒットさせた村上正典監督が芥川賞作家、吉田修一の同名小説を映画化。恋にご無沙汰で妄想癖の女性のラブ・ロマンスが、コミカルに綴られる。ちょっとドンくさいヒロインをキュートに演じた中谷美紀に注目だ。

  • 憑神〈つきがみ〉

    制作年:

    【3人の災いの神様がツキを呼ぶ(!?)時代活劇】 『鉄道員<ぽっぽや>』の名コンビ、小説家・浅田次郎と名匠・降旗康男が再びタッグを組んだ幕末人情時代劇。ひょんなことから3人の憑神を引き寄せてしまったしがない下級武士が、彼らに立ち向かっていく姿を軽妙なタッチで描き出す。人間味あふれる神様たちとの丁々発止の会話を繰り広げる主演の妻夫木聡が、ツイてない男の悲哀をコミカルに表現している。

  • ガチ☆ボーイ

    制作年:

    【どんな時もガチンコ勝負!コミカルな青春映画】 眠ってしまうとその日にあったことを忘れてしまう“高次脳機能障害“の青年が学生プロレスに挑戦する痛快青春映画。段取りを覚えるも、次の朝には全て忘れてしまうため、常にガチンコで試合に挑むハメになる若き学生レスラーを、佐藤隆太が演じるほか、サエコ、泉谷しげるらバラエティに富んだ面々が出演。監督は『タイヨウのうた』の小泉徳宏。

  • ROOKIES-卒業-

    制作年:

    【白球を、大きな夢を追った不良たちの“最後の夏“】 ベストセラー・コミックを基にした人気ドラマの劇場版。ドラマの最終回では佐藤隆太扮する熱血教師、川藤が戻ってきたところで終了したが、映画はその後が描かれる。市原隼人、小出恵介、城田優ら、ニコガク野球部のおなじみのメンバーが総出演。さらに今回は、山本裕典が天才投手、赤星役、石田卓也が野球初心者の浜中役で参戦する。

  • Theショートフィルムズ みんな、はじめはコドモだった

    制作年:

    【5人の監督たちが描いた子どもにまつわる珠玉作】 朝日放送の新社屋完成を記念して製作されたオムニバス映画。“子ども“をテーマに、『パッチギ』の井筒和幸監督や『血と骨』の崔洋一監督ら日本を代表する豪華な監督たちがショートフィルムという枠で、それぞれ個性豊かな作品を撮り上げた。

  • ロッカーズ ROCKERS

    制作年:

    【陣内孝則が実体験をもとに 描く笑いと涙のロック伝説】 高速チューンで鳴らした伝説のロックバンド、THE ROCKERSのデビューまでの道のりを描いた青春劇。今や俳優として知られる同バンドのボーカリスト、陣内孝則が初監督に挑み、悪戦苦闘していたころの姿をコミカルにとらえていく。メンバーに扮する中村俊介や岡田義徳、塚本高史らの好演に加え、エネルギッシュなライブ・シーンにも注目。

  • さよなら、クロ

    制作年:

    【多くの青春を見届けた 野良犬クロの感動実話】 高校に迷い込んだ野良犬・クロがそのまま校内に住みつき、12年もの時を生徒たちと共に過ごす。そんな嘘のような実話を、温かいタッチで映画化した感動作。クロの存在に励まされ勇気づけられながら成長していく生徒たちを、妻夫木聡、伊藤歩らフレッシュな面々が好演。少年から大人へ成長を遂げていく生徒たちと対照的に、年老いていくクロの姿が涙を誘う。

最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る