クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『トップガン マーヴェリック』に“アイスマン”ヴァル・キルマーが感動の登場 自ら出演のアイデア出し

映画

  • twitter
  • facebook
映画『トップガン』(1986)マーヴェリックとアイスマンの絆は永遠
映画『トップガン』(1986)マーヴェリックとアイスマンの絆は永遠 写真提供:AFLO

関連 :

トム・クルーズ

ヴァル・キルマー

 オリジナルから36年の長い時を経てついに公開となった『トップガン マーヴェリック』には、ファンを喜ばせるシーンがたっぷりとある。中でも最も感動的なのは、ヴァル・キルマー演じるアイスマンが登場するシーンだ。

【写真】当時26歳 『トップガン』(1986)でアイスマンを演じたヴァル・キルマー ●悲願の『トップガン マーヴェリック』への出演 自身でアイデア出し

 オリジナルの『トップガン』(1986)で、トム・クルーズ演じるマーヴェリックとアイスマンは、ライバルのような関係だった。キルマーがドキュメンタリー映画『Val(原題)』(2021)で語るところによれば、スクリーンの中でのそんな関係を維持するために、キルマーは、クルーズやグースを演じるアンソニー・エドワーズと距離を取るようにしていたそうだ。だが、クルーズのことはとても尊敬していたとも彼は語っている。そもそも、『トップガン』の話には乗り気でなかったとも。だが、スタジオとの間に出演契約があったことと、トニー・スコット監督が良い人だったので、出ることになった。そして彼が予想もしなかったことに、映画は大ヒットしたのである。長いキャリアの中で、キルマーは、『ウィロー』『ドアーズ』『ヒート』『バットマン フォーエヴァー』『アレキサンダー』など多くのヒット作に出てきたが、中でも最も人々に愛され続けてきた特別のキャラクターが、アイスマンだ。

 だが、最近は以前のように彼の姿をスクリーンで見ることはなくなった。喉の癌を患い、キモセラピー(化学療法)、放射線治療を受けた影響で、それまでのように話すことや、普通に食事をすることができなくなったせいだ。今では、喉に小さい穴が空いており、そこから流動食を流し入れているという。『Val』の中で、彼は、喉を押さえながら一生懸命話していた。彼の言葉には、観る人が理解しやすいように、字幕が付けられている。キルマー自身に代わってナレーションを務めるのは、キルマーの息子ジャックだ。

ドキュメンタリー映画『Val(原題)』(2021)より 写真提供:AFLO
 そんな状態にあっても、『トップガン』の続編ができると聞くと、キルマーはぜひとも出演したいと思った。ジョセフ・コシンスキー監督によると、どのようにアイスマンを出してくるかのアイデアを思いついたのはキルマーだったのだそうだ。

 「ヴァルはこの映画に出たかったんだ。そして僕はヴァルの大ファンだった。彼の映画も好き。彼はすばらしいキャリアを築いてきた。彼と一緒にお仕事をさせてもらえるだけでもすごくうれしいのに、アイスマンとしての彼に会えたんだよ。そんなに光栄なことはない。トムとヴァルが一緒に演じる様子を見て、この日のことを一生忘れないだろうと僕は思った」と、コシンスキーは筆者とのインタビューで語っている。

次ページ

●俳優ヴァル・キルマーの歩み

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv