クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

膨らむ妄想 『SLAM DUNK』衝撃の連載終了から26年、井上雄彦は新作で何を描くのか

アニメ

  • twitter
  • facebook
明日試合開始! (※画像はイメージ)
明日試合開始! (※画像はイメージ)

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)1990年42号から1996年27号まで連載されたバスケットボール漫画の金字塔『SLAM DUNK』。明日12月3日に公開を控える新作映画『THE FIRST SLAM DUNK』の原作にしてコミックスシリーズ累計1億部を突破するメガヒット作品だが、その終わり方は当時のファンに大きな衝撃を与えた。原作者・井上雄彦が周囲の反対を押し切って敢行した「異例」と呼ばれる作品の完結とその理由を、内容が明らかになっていない新作映画への心緒を交えて紹介していく。

【動画】背番号でカウントダウン 映画『THE FIRST SLAM DUNK』15秒CMを一挙に見る ■反響の大きさが物語る『SLAM DUNK』の人気ぶり

 高校バスケを題材に手に汗握る試合の描写やバスケットボールに青春を懸ける登場人物たちの成長を描き、中高生を中心に圧倒的な支持を受けた『SLAM DUNK』。日本バスケットボール協会が発表している年度別競技者登録数(3×3を除く)は、1990年は81万560人だったが、連載が終了した1996年には100万8822人まで増加している。この推移と本作の因果を裏付けるものはないが、連載開始時は数えるほどしか漫画で取り上げられていなかった(タブーとさえ言われていた)バスケットボールを人気スポーツに押し上げた立役者であることは間違いない。

 2021年に新作映画の制作が発表されると、多くのファンが歓喜。最近では、12月3日の公開まで「残り14日」に解禁された“背番号14”三井寿のCMを皮切りに、「残り〇日」と背番号が一致する日に流川楓、桜木花道、宮城リョータ、赤木剛憲と、湘北高校バスケ部のスタメンキャラクター5人のCMが次々公開。それぞれ15秒という短い映像だが、視聴者の間でさまざまな予想や考察が飛び交っている。

 映画がここまで話題を集めている理由は、シンプルに人気作であること、そして直前になっても内容の全容が明らかになっていないことも当然ある。しかし原作の終わり方が衝撃的だったこと、そして完結から30年近く、望まれながらもほぼ新作や続編が発表されなかったことも大きな要因だろう。

次ページ

■現在とは違う最終回の見せ方

1ページ(全4ページ中)
映画『THE FIRST SLAM DUNK』15秒CM:三井寿
映画『THE FIRST SLAM DUNK』15秒CM:流川楓
映画『THE FIRST SLAM DUNK』15秒CM:桜木花道
映画『THE FIRST SLAM DUNK』15秒CM:宮城リョータ
映画『THE FIRST SLAM DUNK』15秒CM:赤木剛憲

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv